SM出会い系サイトまとめ

SMの世界に興味があるけど出会いがないって人、多いのではないでしょうか?
自分ひとりでSMの真似事をしてみても、「なんだかしっくりこない…」、「エスカレートしすぎて事故が心配…」、なんて考えている人も多そうです。

M女

そんなSM難民の方にぜひおすすめしたいのは、ずばりSM出会いサイトです。
男女それぞれが自分好みのSMパートナーと出会うためにだけ作られた、SM専用の出会い系サイトがあるのです。

  • 詐欺なんじゃないの?
  • 料金は高いんでしょ?
  • 実際使ってみた人の口コミとか評価が知りたい。

などと少し興味が湧いた方は、一度以後の詳しい解説を読んでみてください。

SM出会いサイトの評価と実績

まず今現在特に有名なSM出会いサイトをいくつかご紹介したいと思います。

SMLIFE
SMLIFE

SM総合出会い系サイトといえばこのサイトです。
シンプルかつ十分な機能が揃った安全な出会い系サイトであり、今一番人気があるSM出会いサイトです。
SM初心者の方や、自分がSかMかもあまり分かっていないという方は、ひとまず利用してみるべきサイトです。

奴隷契約所Marquide
奴隷契約所Marquide

サド男性とマゾ女性の出会いを強力にサポートする、SM出会いサイトです。
嗜虐と被虐の需要と供給がバランスよく成り立っている人気サイトで、各種口コミサイトでも常に評価の高いサイトです。
緊縛や浣腸といった責めで女性を躾けてやりたい男性、一方的な責めでイかされ続けたいという女性たちが多く集まっています。

奴隷市場
奴隷市場

すべてのマゾ男性に贈る、女王様と奴隷のためのSM出会いサイトです。
素人S女とM男性がお互いに主従関係を築くために出会えるサイトで、マゾの自覚あるあらゆる男性におすすめのサイトです。
ハードSM調教からソフトSMまで、いろいろなプレイを楽しめるM男向けの総合SM出会いサイトとなっています。

以上、ここを利用すればまず間違いないと言えるサイトだけをご紹介しました。

SM出会いサイトで安心本格SMを

これらのサイトに関しては詐欺や騙しといった心配はなく、登録のみであれば無料で利用することができます。
また、有料コンテンツなどは別途専用の手続きをしっかりと行った場合のみ利用できるようになっているため、身に覚えのない料金の請求はありません。

SM

さらに他の口コミサイトやまとめサイトでも評価が高く、有料SM出会いサイトとして広く認知されているサイトばかりとなっています。
そのため、大手のよくある一般層向けの出会い系サイトと同じように、SM初心者でも安心して利用を開始することができます。

SM出会いサイトの利用はSMのための出会いを求める男女にとって、今や必要不可欠なことです。
インターネットを活用した便利な出会い探しを活用して、ぜひとも貴方もSMパートナーとの出会いを体験してください。

2015/11/13

身体改造初心者におすすめの性器ピアス(男性編)

性器ピアスとはその名の通り、ペニスやクリトリスに取り付けるボディピアスのことを指します。
そのため厳密に言えば性器ピアスという時点で初心者向けではないのですが、痛くて危険なのは分かっているけど装着したいという人も居ると思います。

そこで今回から二回に分けて、男女それぞれで覚悟を決めれば初心者でも装着可能な性器ピアスをご紹介したいと思います。
自分の身体には無理だけどパートナーには取り付けてもらいたいと考えている人や、知識として興味があるという人もぜひ参考にしてください。

性器ピアス

ずばり一番無難な性器ピアス

ボディピアスに関してまったく素人な男性でも、プロによる施術であればなんとか取り付けられるだろうと思われるのがピュビック・ピアッシングです。
これは陰茎の根本部分に取り付けるもので、性器ピアスというよりギリギリボディピアスの分類に入れても大丈夫な見た目をしています。

それゆえに見た目のインパクトやこれを入れる意義に疑問を持つ人も居ますが、まだ性器に直接手を加えるよりはマシであると言えるでしょう。
何らかの理由で仕方なく性器ピアスを入れなければならない人や、ひとまず変わったピアッシングを経験しておきたいという人にはおすすめのピアスです。

ピアスが増えれば痛みも増える

実は初心者にギリギリおすすめできる性器ピアスというのは、前述したピュビック以外ありません。
なぜならば後に残った男性向けの性器ピアスは、基本的に施術の際に激痛を伴って当たり前のものばかりだからです。

たとえばフレナム・ピアッシングは陰茎の裏側にピアスを装着する身体改造ですが、見た目に反して痛みは多めです。
なぜ痛みが強いではなく多めと言うのかというと、このピアッシングは通常一つだけ行うことは少ないものだからです。

一例としてフレナム・ラダーは連続して複数のピアスを陰茎の裏側に取り付けるもので、フレナムピアッシングの代表格とされています。
陰茎裏にいくつもピアスが連なっているその様が良いからこそ受け入れられているピアッシングなので、結局フレナムを試すなら多くの痛みに耐えなければならなくなるのです。

やはり最高難度の亀頭ピアス

上述した二種類の性器ピアスが覚悟をすればなんとかギリギリ装着できるだろうものと言えるのに対して、残った性器ピアスはどれも難易度が高いものです。

難易度UP

たとえば男性向けの性器ピアスとして最も有名なものはアパドラビア・ピアッシングですが、これはペニスの亀頭を上下垂直に貫通させるピアッシングです。
また、この縦に垂直にというかたちを変えて左右水平に貫通させるかたちにすればアンパラング・ピアッシングとなります。

このどちらの身体改造も性器ピアスとしてはもっとも難易度が高く、たとえ痛みや事故を覚悟していても、初心者にはまずおすすめできません。
一歩間違えると拷問と解釈もできる施術なので、よっぽどハードSMに慣れている人や、強い信念や組織との関わりがないとまず実行に移せない代物です。

ただこの性器改造は見た目の上ではもっとも美しく、インパクトが大きなものだと評されています。
それゆえ、性器ピアスに強い興味と憧れを感じる人は、いつか必ずやってみたい性器ピアッシングとして覚えておくのが良いでしょう。

身体改造の中でも最大の難関とされる性器ピアスですが、情熱と覚悟さえあれば実現できないことではありません。
いずれにしても性器ピアスの必要性やそれに対する自分の情熱、改造後のアフターケアの準備などを考慮した上で、慎重に実践するか否かを検討してみてほしいと思います。

2016/12/03

男女がSMの出会いで結ばれるメリット

SM主従関係

男と女が出会う場所や機会というのはさまざまな種類があるものです。
しかしなぜこのサイトや一部の人たちがSMをテーマとした出会いを多くの人におすすめするのか、その理由を良く理解できている人は少ないかもしれません。

かんたんに言ってしまえば男女のお付き合いがSM調教のための出会いを通して成り立つべき理由は、主従関係というものが構築できるから、ということが大きなところです。
主従関係と聞くと多くの日本人は侍と主君など、いわゆる武士道の世界を想像するのではないでしょうか。

主君と僕の熱い関係

実はその発想はある意味正解で、日本人というのはどうやら遺伝的にも主従関係を結ぶことに深く大きな満足感を抱きやすいようです。
だから今もなお世の中にはサラリーマンと資本家が存在し、男女同権社会が普及してもなお、女性より男性が優遇されやすい習慣まで残っているようです。

そういったことからも分かるように、実は日本人の男女も、主従関係で結ばれると実は意外と上手くいくことが多いようです。
具体的には男性、もしくは女性が主人となり、相手の異性を奴隷や僕のように扱う関係が、意外と二人の仲を強く結びつけやすいようです。

SM奴隷

しかしここで勘違いしてはならないのは主従関係においてはとにかく信頼関係が必要不可欠であり、二人ともの性格や性癖によく配慮する必要があるということです。
たとえば二人とも心が通っていないのにハードSM調教をしたり、明らかに独立心の強い女性が男主人の奴隷として過ごすのは無理があります。

ゆえに信頼関係と適正は大切にしながらも、お互い納得の上で主従関係を築くことが、少し変わった風には見えますが、実は男女の関係が良好に続きやすいのです。

こういったことがあるからこそ、やはりSM調教を主な目的とした出会いによって男女が交際を始めることは、好ましいことだと言えます。
これまで何度も離婚経験があったり、異性をあまり信じられないと考えてしまっている人ほど、実はSM専門の出会いサイトで最高のご主人様や自分に奉仕する存在と出会うことが必要なのかもしれません。

2016/11/26

ネトラレとフェムドムとリアル逆レイプの共通点

NTRと書いてこれをネトラレと読める人は筋金入りの変態と言えるでしょう。そこまで言い切ってしまうと世の中にどれだけの変態が居るのかということになりますが、少なくとも健全な一般人は寝取り寝取られに興奮したりはしません。

同様にフェムドムとか逆レイプといった言葉も理解できるのはある程度マニアックな人たちだけなのです。そしてそういったアブノーマルなプレイや嗜好について理解を示せる人は、共通してほぼ間違いなくドMな人たちです。

奪われ制限される悦び

度を超した過激なSM調教や出会いを望む男性というのは、基本的に自分を制限されたり、自分から大切なものを奪われたりするのが好きです。たとえばNTRでは自分が愛した人を他の男に犯されたり、心まですべて持ち去られてしまうという、男として通常耐えられない事態を演出します。

フェムドムの場合では金蹴りや緊縛で自由を喪失させられる過激な調教を受けることを好み、逆レイププレイも強制的にアナル拡張とペニバンセックスによってバランスが崩されます。このようにとにかく自分を痛めつけ、まったく何の権利ややさしさも自分に与えないことこそが、どうやらマゾとしての定番行動のようです。

フェムドム

しかしここまで知ってもまだ謎に包まれたマゾ男の心理状態は、もはや実際にハードSM調教を受けている人しか理解できないでしょう。ただ一つ言えることはマゾ男性が何かを奪われることと同様に、とにかく女性に構ってもらいたいと考えていることです。

いわゆるかまってちゃんと揶揄される人というのは、基本的に周りの迷惑やルールを無視してアプローチを仕掛けてきます。彼ら彼女らが行うことの目的はただひとつ、異性に相手にされること、ただそれだけで十分なのです。

ここまでくるとなんだか執着心が凄くて怖いとかウザいとか思う人が出てくるでしょうが、実はこういった判断を下さない、心が広い理解者も世の中には多いのです。その代表がまさにSM専門サイトにおける女王様であり、このての女性はSM調教経験ゆえに、マゾ男性のかまってちゃんぶりを寛大な心で受け止めてくれます。

孤独とは無縁のSM調教生活

つまりはマゾ男子が望むように毎日射精管理をしてくれたり、過激な逆レイプや陰茎虐待によって、男を強制的にメス化してくれたりもするのです。さらに趣向を凝らせば疑似的なネトラレプレイや逆NTRといったプレイを他の男も交えて行ったりもできるため、なにせ痛かったり苦しかったりはしても孤独にはなりません。

そういった意味で常に孤独感を恐れている人や、痛めつけられてでも相手に自分のことだけを見て欲しいと考えるタイプの人にとって、フェムドムなどのSM主従関係は最高の人間関係と呼べるかもしれません。よってNTRや逆レイプといった仕打ちを悦んでしまうマゾな男性、そして純粋に今寂しい男性は、まだ未経験であればなおさら、今すぐにでもSMサイトの女王様と出会って主従関係を築いてみるべきです。

2016/11/19
123