SM出会い系サイトまとめ

SMの世界に興味があるけど出会いがないって人、多いのではないでしょうか?
自分ひとりでSMの真似事をしてみても、「なんだかしっくりこない…」、「エスカレートしすぎて事故が心配…」、なんて考えている人も多そうです。

M女

そんなSM難民の方にぜひおすすめしたいのは、ずばりSM出会いサイトです。
男女それぞれが自分好みのSMパートナーと出会うためにだけ作られた、SM専用の出会い系サイトがあるのです。

  • 詐欺なんじゃないの?
  • 料金は高いんでしょ?
  • 実際使ってみた人の口コミとか評価が知りたい。

などと少し興味が湧いた方は、一度以後の詳しい解説を読んでみてください。

SM出会いサイトの評価と実績

まず今現在特に有名なSM出会いサイトをいくつかご紹介したいと思います。

SMLIFE
SMLIFE

SM総合出会い系サイトといえばこのサイトです。
シンプルかつ十分な機能が揃った安全な出会い系サイトであり、今一番人気があるSM出会いサイトです。
SM初心者の方や、自分がSかMかもあまり分かっていないという方は、ひとまず利用してみるべきサイトです。

奴隷契約所Marquide
奴隷契約所Marquide

サド男性とマゾ女性の出会いを強力にサポートする、SM出会いサイトです。
嗜虐と被虐の需要と供給がバランスよく成り立っている人気サイトで、各種口コミサイトでも常に評価の高いサイトです。
緊縛や浣腸といった責めで女性を躾けてやりたい男性、一方的な責めでイかされ続けたいという女性たちが多く集まっています。

奴隷市場
奴隷市場

すべてのマゾ男性に贈る、女王様と奴隷のためのSM出会いサイトです。
素人S女とM男性がお互いに主従関係を築くために出会えるサイトで、マゾの自覚あるあらゆる男性におすすめのサイトです。
ハードSM調教からソフトSMまで、いろいろなプレイを楽しめるM男向けの総合SM出会いサイトとなっています。

以上、ここを利用すればまず間違いないと言えるサイトだけをご紹介しました。

SM出会いサイトで安心本格SMを

これらのサイトに関しては詐欺や騙しといった心配はなく、登録のみであれば無料で利用することができます。
また、有料コンテンツなどは別途専用の手続きをしっかりと行った場合のみ利用できるようになっているため、身に覚えのない料金の請求はありません。

SM

さらに他の口コミサイトやまとめサイトでも評価が高く、有料SM出会いサイトとして広く認知されているサイトばかりとなっています。
そのため、大手のよくある一般層向けの出会い系サイトと同じように、SM初心者でも安心して利用を開始することができます。

SM出会いサイトの利用はSMのための出会いを求める男女にとって、今や必要不可欠なことです。
インターネットを活用した便利な出会い探しを活用して、ぜひとも貴方もSMパートナーとの出会いを体験してください。

2015/11/13

マゾヒストの心理学②「マゾが抱えるプライドと解放」

前回の自罰説以外に有力な説の一つに、精神的な意味での解放を求めているのがマゾではないか?という説があります。
これは自らひどい仕打ちを受け、自分自身を痛めつけることによって、人としてのプライドを捨て去り、誰もが持っている人間性という重荷から解放されようとしているのではないかという説です。

この説は自罰ゆえのマゾ説と違って実にシンプルで、要は自分をよく見せようという誰にでもある意識を、過激なかたちで捨て去ってしまおうとしているのではないか?というものです。

たとえば全裸で土下座したり、首輪を嵌められたまま性奴隷として過ごすなど、普通の人間であれば恥辱の極みと言える行為です。
しかしマゾはこのようなひどい行為を行うことによって自分を貶め、普段の自分とは違う自分を意識することで興奮しているというわけです。

言わば普通の人間が持っているプライドや世間体から解放されることこそ、マゾがマゾである悦びの究極系なのかもしれません。
自分をただ罰したいのでもなく、痛いことやバカにされることが最初から好きなのではなく、痛みや蔑みを通して自分自身から解放されることに喜びを感じているのかもしれません。

解放

信頼の上に成り立つ心理

こういった説を前提に考えてみると、マゾヒストの行動や、彼ら彼女らに対してのベストな接し方もおのずと理解できます。

あくまでマゾというのは解放を求めているわけですから、SM目的の出会いやSM調教においては容赦をしないことが大切になります。
そして同時に、深い部分では暗黙の了解、信頼関係の構築が必要です。

具体的にはたとえどれだけ激しい責めをしても、それは相手を普段の自分から解き放つためだけにやっている必要があります。
間違っても痛めつけられたらそれだけで気持ちいいとか、本当のバカだからバカにしていいのだと考えてはいけません。

つまるところSM調教とはあくまでプレイであり、平等な立場の人と人が同じ目的のために同意の上で行うものなのです。
この大前提を間違ってしまうと、SMプレイはただのイジメや暴行に変わってしまう場合があるため注意が必要です。

(次回、マゾヒストの心理学③では「奉仕の喜びとマゾ」をお送りします。)

2016/09/29

【連載企画】SM出会い的「マゾヒストの心理学」まとめ

SMを成り立たせるサドとマゾの関係は、少なくともSMという言葉が生まれた数百年前から数多の人の間で成立し続けています。
つまりサディストとマゾヒストはどちらもこの世の中に多数存在し、それぞれがこの地球上で自然発生しているということでもあります。

そこでひとつ疑問に思うのは、つまるところ「サドやマゾは一体どういったことが原因で生まれるのだろうか?」ということです。
さらに突き詰めて考えれば、そもそも「サドとマゾはそれぞれどのような心理状態でSMを楽しんでいるのだろうか?」ということも大きな疑問となります。

この疑問については通常、サディスト本人、マゾヒスト本人に聞けば確実な回答が得られるだろうと思われます。
しかし、経験上この質問をしてもほとんどのSM愛好者は「自分でもわからない」とか、「上手く言い表せない」とか、「言葉にすることではない」と回答します。

要はサドとマゾ、それぞれの詳細な心理状態や動機は、多くのSM関係者…驚くべきことにSM調教の当事者までもが…いまだに厳密に解明できているわけではないのです。
知的探求心というものを人並み以上に持っている人であればこの問題、とても興味がそそられることではないでしょうか?

ずばり「サドとマゾは心理学上どのような状態でSMの出会いを楽しんでいるのか?

この疑問についてさまざまな意見を収拾し、私なりの分析をし、今回から隔週複数回に分けてさまざまな説や意見、分析などをまとめていきたいと思います。

自罰

マゾヒストの心理学①「マゾは自罰から生まれるか否か?」

一説ではマゾヒストとは自分自身に対する罰を意識して、SMプレイを楽しんでいるとされています。
なんでもこれは心理学の権威フロイト先生が提唱した考えの一つでもあるようで、多くの人がマゾヒストは「自分は罰せられるべき人間だ」と考えていると分析しているようです。

なるほどたしかに自分は罪深い人間だと考えているなら、マゾが自分で自分を虐めることも納得できますね。

しかしここで一つの疑問が生まれます。
それは本気で自分に罪があるということを自覚しているのであれば、なぜその自罰のためにSMに励むマゾヒストは、「罪を償おうとしない」のでしょう?

いや、「罪を償おうとしている」から自罰的なSM行為をしているのでは?と思われるかもしれません。
しかし本当に自分が罰を受けるべき人間であるなら…それを克服するために自分を罰しているなら…ほとんど一生涯「その罪を償うために生きている」というのはおかしな話です。

なぜなら「罪とは前提として償われなければならないもの」であり、それを認識しているなら、いつまでも「自分を罰している」=「罪を抱えたままの自分」を保つことは、「罪は償うべきもの」という前提と矛盾しているからです。

この矛盾に気づいた時に見えてくるのは隠れたひとつの真理。
つまりマゾヒストはなにも「罪を償うために」、「自分がダメな人間だから罰として」自分をいじめているわけではなく、「自分をいじめることが何より好きだから」自分を虐めているのではないか?ということです。

要は「目的(贖罪)のための手段(罰)」ではなく、「手段(罰)のための目的(贖罪)」になっているというわけです。

なにやら複雑でわかりにくいかもしれませんが、要は「自罰という理由でマゾヒストになっている人は、厳密に言えば実在しない」のではないかということです。
先ほどの目的と手段の話をこの考えで言い直せば、マゾヒストは「罰という目的のために贖罪(=そのための罪)という手段(SM行為)を望んでいる」のではないかということです。

こういった理由でやはり、少なくとも私は、「マゾヒストは自罰的な精神を持っているが故に存在する」という論は「間違い」であると考えます。

(次回、マゾヒストの心理学②では「マゾが抱えるプライドと解放」をお送りします。)

2016/09/24

低周波で前立腺を刺激してみよう

電気

男の身体に眠る前立腺という神秘の器官を覚醒させるためには、アナル開発が必要不可欠と言われています。
しかし実はもうひとつの方法として、周波数が小さい微量の電気を身体に流すという方法も存在します。

この方法は俗に低周波前立腺開発と呼ばれており、専用の電気治療器などを用いて行う特殊な前立腺開発の方法です。
具体的には電極を身体に張り付けた状態で電気治療器を稼働させ、身体に悪影響のない状態で電気を流すものであり、人によっては絶大な効果を発揮します。

電気治療器で前立腺開発

電気治療器

通常の身体に張り付けるだけの電気治療器で効果がなかった場合は、PESと呼ばれる海外のアイテムを用いることもできます。
これはアナルに直接電気が走るものを挿入するというかたちで利用するもので、アナル開発がある程度住んでいる男性にはかなり効果があるようです。

PESで前立腺責め

以上のような微弱な電気を身体に流すタイプの前立腺開発は、エネマグラで前立腺を刺激するよりも効果があると言う人が多いです。

しかし、あくまで電気器具を使用するわけですから身体への悪影響にも注意する必要があり、最低限最新の機器を用いて説明書通りの使用をするに留まるのがベストかと思います。
もちろん自己責任であれば自分の身体には電気を流そうとピアス穴を空けようと勝手ではありますが、健康な身体がなければドライオルガズムやメスイキは十分楽しめないということだけは覚えておいてください。

2016/09/22
123