SM出会いで開発できる性感まとめ

人は誰もが最初から自分のしたいことを自由にできる存在ではありません。
何ごとも自分の力で学び、努力し、体と心で習得していくものです。

それはもちろん性感の開発においても同じ事が言えます。
たとえ自分の身体に性的快楽を味わう素質が備わっていても、それを開発しなければ活用することはできません

開発

そこで今回はSMの出会いという特殊な主従関係の構築を通して、そこから開発できる性感とはどういったものなのか、特に代表的なものをいくつかご紹介します。

1・乳首開発

乳首は男女共に同じ位置にあるものですが、その感じやすさは男女の間に大きな差があります。
基本的に女性は男性より格段に乳首が感じやすく、人によってはここを弄られ続けるだけでイってしまう人も居るくらいです。

対して男性にとって乳首とは、何故それが身体に付いているのか不思議に感じるくらいに鈍感で、大したことのない身体の部位と考えられることが多いようです。
肥大乳首 しかし乳首は人によっては男性でも十分に感じることができる性器のひとつとして認知されており、実のところ上手く開発すれば、ペニスと同様に性器並みの快楽が得られるようになるとされています。

実際に乳首開発調教を行う場合は洗濯バサミやクリップで乳首を挟んだり、指で捻ったり弾いたりすることが多いようです。
そして痛みに近い刺激だけでなく、布や羽などの柔らかい素材で優しく撫でたりつついたりすることを続けても効果絶大とされています。

乳首開発を長い期間何度も続けていると、次第に眼で見てすぐに分かるくらいに男の乳首も勃起したり肥大したりするものです。
この調教され尽くした肥大乳首は、針や刺しピンを取り付けて快楽を味わうことも可能になるとも言われます。

より突き進んで乳首開発した人の多くは、乳首ピアス、いわゆるニップルピアスというものも取り付けるようになります。
男性にとっては普段あまり印象の強くない乳首は、実は調教し尽くすと性器そのものに変化することを知っておくといいでしょう。

2・アナル開発

今どきの性的快楽に貪欲な男性の多くは、高い確率でアナル開発の経験を持っているそうです。
これはアナル開発、つまりはアナル拡張とも呼ばれる行為を続ける事で、アヌスの奥底に眠る前立腺を刺激できるためです。

前立腺は男性がドライオーガズム、アナガズム、メスイキと呼ばれる、全身で味わう無射精の快楽を味わうために絶対に刺激しておきたい器官です。
人によってはここをディルドではなくエネマグラで優しく刺激するだけで、かんたんにメスアクメを感じて射精なしでイってしまうことがあるようです。

アナルパール

さらに前立腺を強く刺激してダラダラと精液を垂れ流すトコロテンという特殊な射精も体験できるため、アナル開発は実はかなり重要な行為であると言えるでしょう。
最近ではペニスバンドを付けた女王様にアナルファックされて、強制メスイキ体験をさせられることがブームになっているようです。

また、ニューハーフやシーメールの女王様に屈服させられて、造り物ではなく本物のペニクリでケツマンコを逆レイプされることに価値を見出す人も多いです。
何であれ今やアナル開発はディープな性体験を味わうために必要不可欠なものと認識されることが多く、その重要性は日々高まり続けています。

まだ一度も体験したことがない男性は、極力アナル開発について知恵を深める時間を造り、実際にアナルを開発する実践を試してみてほしいと思います。

3・尿道開発

最後に取り上げる尿道開発は、前述した乳首や肛門の開発よりもかなりマニアックなものです。
ずばり男性が持つ陰茎の尿道を、綿棒や尿道ブジーと呼ばれる特殊な医療器具で拡張する行為を指します。

ザーメンが尿道を通る快楽は男性であれば誰もがある程度理解できるものだと思いますが、それを尿道の中を物理的に刺激することで実現させようとするのが尿道拡張です。
しかし実はそれは目的のひとつに過ぎず、人によっては尿道の奥底を刺激することで前立腺を直接刺激して、アナル開発と同等、もしくはそれ以上のドライオルガズムを感じようとする場合もあります。

一見するとかなり危険で痛みを伴う行為のように考えられますが、実際にやってみるとそれほど難なく行える上に、得られる快楽も大きいと評価されている開発でもあります。

尿道ブジー

以上のような大きく分けて三つ程度の開発を実践するだけでも、男性の身体はより強力な、高次元の快楽を味わえるようになります。

自分ひとりで行う性感開発は限界があるため、やはり開発調教を実践できる女王様に出会った上で開発を続けていくのが一番の方法だと言えるでしょう。

このての性感の開発に少しでも興味があるのならば、まずは専門サイトで出会いと調教を実体験してみることをおすすめします。

2016/03/26