海外の逆レイプ事件に関わる8つのキーワードとは?

逆レイプはAVやエロ漫画の世界だけに存在するものと思い込んでいないでしょうか?
残念ながら逆レイプというのは実在し、実際にこれまで多くの罪なき男性が女性に強姦されています。

特に海外における逆レイプ事件は凄惨極まるものであり、普段SMプレイにおいて逆レイプ調教を好む男性ほど、よくよくこれらの実在逆レイプ事件について学んでおくべきです。
現実世界の強姦がいかに非人間的で危険な行為なのかが分かれば、安全面に配慮したSM調教の重要性や、あくまでプレイとして逆レイプを行ってくれる女王様がいかに慈悲深い存在であるかが分かると思います。

今回は実際に海外で起きた数々の逆レイプ事件に関わった8つのキーワードをご紹介し、逆レイプとはどのような人が被害に遭いやすく、又、どのような者が凶行に走りやすいのかを解説します。

逆レイプ

「未成年」

未成年は女性であっても男性であっても、常に性犯罪に巻き込まれやすいか弱い存在です。
実際アメリカでは女性に脅迫されて逆レイプされて、童貞喪失してしまった可哀想な少年が多く居るのです。

「障碍者」

身体に障碍を持っている男性はもちろんですが、特に知的な面で障碍を抱える男性は逆レイプ魔に狙われやすいとされています。
自分の言葉で被害を訴えられないことを予想して犯行に及ぶ悪魔のような女性も居るというのだから驚きです。

「太った女」

女性から一方的に侵されるなんて羨ましい、などと考えてしまう変態男性でも、その襲ってくる相手が超絶ピザデブ女だとしたらどのように感じるでしょうか?
実は逆レイプを行う犯人の中にはなぜか太った女が多く、その巨体を突撃させて男を地面に叩き付け、貪るように犯す者も居るのです。

「精液搾取」

男性にはあって女性にはないものといえばペニスですが、もっと言ってしまえば女性には精液を生み出す力がないわけです。
ですから男性を逆レイプで犯そうと考えている女性の中には、とにかく強制精液搾取によってザーメンを確保したいと考える輩も居るわけです。

逆強姦

「元妻と元カノ」

元々自分にとって妻や彼女だった女性に、集団で羽交い絞めにされてペニスやアナルを犯されたと嘆く男性も実は存在します。
たとえ過去に深い間柄だった女性でも、一度狂ったように男を一方的に犯すようになると、家族や恋人には絶対できないような残虐な行為をしたりするものです。

「セックス依存症」

男女共に発症リスクがあるセックス依存症という精神的な病が悪化すると、たとえ女性でも男性を監禁してまで犯したいと考えるようになります。
ドイツのある地方では実際に男を監禁して逆レイプし続けたSEX依存症女が居るのだそうですから、なんともショックな話です。

「風俗嬢」

風俗嬢は男性に性的なサービスを与えてくれる存在ですが、たとえばそんなサービス要らないと言っても拒否できないような状況に追いつめられると困りますよね。
実際海外ではスラム街やストリートに居る風俗嬢に逆レイプされた挙句、お金を無理やり奪われるという被害も存在するのです。

逆レイプ事件

「通り魔」

男のレイプ犯が夜道の女性をいきなり襲うのと同じように、女のレイプ犯も通り魔のごとく突如として男性を襲うことがあります。
しかもナイフやスタンガンを首元に押し付けられ脅されながら馬乗りで犯されたり、服も下着もズタズタに引き裂かれた上でセルフイラマチオを受けたりした男性も居るそうです。

以上のような8つのキーワードを見ても分かるように、逆レイプというものは空想の世界ではなく現実の世界で、実にリアルな原因や要素が絡み合って発生するものです。
海外のみならず日本国内でも発生する危険性がある逆レイプには十分注意すると共に、こういったリアルなシチュエーションや要素を、あくまでプレイとしてSM調教などに取り入れてみると良いでしょう。

2016/07/30