SMボディピアッシングの方法と手入れ

SM調教や身体改造に興味がある人に人気のボディピアッシング。実際やってみたいけど勇気がないとか、そもそもどうやってボディピアスを付ければいいのか?と疑問に思っている人も多そうですね。

今回はそういったSMピアスに対しての疑問に答えるために、実際に自分の身体にピアスを取り付ける方法についてご紹介したいと思います。

病院に行けばOK

実はボディピアスは耳に取り付けるピアスと同じように、病院に行ってお医者さんに施術してもらうことで取り付けることができます。お医者さんが直々に処置を行ってくれるため、消毒やピアスを装着したあとのケアの手順などもすべてフォローしてくれます。

そのため、ボディピアスに興味がある身体改造初心者の方は、ひとまず皮膚科や美容外科などで相談してみると良いでしょう。

自分でも付けられます

ピアッシングという行為は、結局は身体に穴を空けてピアスを装着するだけの行為です。なのでやる気さえあれば自分で自分の身体に穴を空けて、いくらでもピアスを装着することが可能です。

ただ自分でピアスを取り付ける際は、ピアッサーやニードルなどピアス穴を空けるための専用道具を使用しましょう。そうすれば痛みや無駄な怪我をする必要もなくなります。

また、当然のことですが自分ひとりで行う場合はあくまで自己責任と、安全の順守を忘れないでください。

SMボディピアッシング

消毒が一番大事

上述した二つの方法どちらでピアスを取り付けたとしても、取り付けたあとの消毒は必ず丁寧に行ってください。最悪の場合、お金を払って病院でピアッシングをしたにも関わらず、消毒を怠けたせいで上手く穴が空かない上にひどい炎症まで起こる場合があります。

具体的には綿棒やガーゼを使って毎日必ず一度は消毒液をピアス穴に塗りましょう。とてもかんたんな処置なので甘く見てしまいがちですが、これを忘れるだけですべての努力がパーになることさえあるものです。

意外とかんたんなピアッシング

まとめると病院か自力で穴を空けて、あとは消毒を続けるだけ。たったこれだけでピアスなんてものは身体に簡単に取り付けられるものです。

実際に行うとなると痛みや手間がある程度かかるものですが、最終的に自分好みなボディピアスが取り付けられると考えたら挑戦してみる価値はあるでしょう。SMが好きな男も女も、最近は気軽にボディピアスを付けていたりするので、興味があれば一度ピアッシングを検討してみるといいかもしれません。

2016/09/17