ポルチオ責めとメスイキの共通点とは

女性が感じることのできる究極の性感と呼ばれるポルチオイキ。
この快感は男性の身で体感するメスイキと同じ程度の快楽を持っていると言われています。

そもそもメスイキとポルチオアクメは共通点が多いことに着目するといいでしょう。
メスイキの場合に刺激する前立腺と、女性の子宮口近くにあるポルチオは、男女の身体を比べると大体同じ位置に存在します。

攻める場所と方法はほぼ同じ

さらにこれらを刺激する場合の方法もほぼ同じで、大きく長く硬いモノで穴を犯し、奥底を何度も突き上げるという手法が一般的です。
当然そのような方法で刺激を与える場合に必要になってくるのは男の陰茎やペニスバンド、アナルプラグと呼ばれるもので、これらのうち一つがあればメスイキもポルチオも可能ということになります。

実際これら二つの快楽を味わう場合に駆使するべきテクニックも実は同じで、たとえば二段階に分けて責めるという方法があります。
ポルチオの場合はそもそも女性の子宮は普段女性器からある程度離れた位置に存在するため、これを最初から直接刺激するのは相当に長くて大きなモノを持っていないと難しいものです。

そこで一度女性の身体イカセてしまうという方法をとれば、一度イったことにより位置が下がった子宮をより効率よく強く刺激できるようになります。
実はあまり知られていませんが、この方法をそのままメスイキ、男のメス化調教にも役立てることが可能です。

メスイキにも二段階責めがお勧め

具体的には一度男も射精を終えた後、前立腺を刺激すれば、その分ドライアクメとも呼ばれるメスイキを味わいやすくなります。
これはポルチオ責めと違って位置が問題なのではなく、感度が問題となるもので、要は一度射精したあとの男の身体はほんの少し感度が鈍くなるというところがミソなのです。

メスイキ調教

感度が悪くなったらダメじゃないと思われるかもしれませんが、男の身体は性的刺激を受けると、皆さんご存知のように最初はすぐに射精したいという欲求に囚われてしまいます。
そのためどれだけ自分で射精管理しようとも、長時間アナルファックを続けていたりすると、無意識にトコロテン射精をしてしまうことが多々あります。

普通の手コキやオナホールを使った射精と違って、トコロテンは前立腺を刺激するプレイなので、これを先に体験してしまうと、その快楽に身体が慣れてしまってドライでイキにくくなります。
そこでまずは普通の射精をしておいて、なかなか射精に至らない程度の感度を造り、その上でじっくりと前立腺を突き上げる方法をとることが、メスイキを初体験する方法としては最も賢いやり方であると言えるのです。

男女どちらも完全攻略!

このように男性のメスイキと女性のポルチオイキはとてもよく似ているため、たとえば一人の男性が女も男もどちらも自分の思うままにイカセ狂うことができるようになるというのも夢ではありません。

男女どちらの身体も完全攻略したい、この世界で味わえる究極の性感を全てマスターしたいと考える人は、前立腺調教やポルチオ調教の術を一度自分自身で学んでいってみると良いでしょう。
近ごろはメスイキやポルチオといった言葉のやり取りが多く、実際にそのてのプレイを共に楽しむパートナーを探している男女がマニア向けのサイトに多いため、まずはそのての場所で良い出会い探しを試してみることをおすすめします。

2017/02/11