男のメス化と陰茎改造の関係まとめ

メス化

流行りのメスイキやメス堕ちのためには、まず第一に男の身体をメス化させる必要があります。そして女体化のためには女性の肉体には絶対付いていない器官、つまりペニスを改造することから始めるという方法があります。
たとえば女装子の間で人気のタックや、身体改造に分類される性器ピアスなどの改造を行う人が多くなっています。今回はそういった陰茎改造とメス化の関係や、おすすめの改造方法について解説していきます。

なくすか見せるかの選択

男の身体に付いている陰茎とは、まさに男であることを示す一番の特徴であり、これを見ればどれほど女性のような見た目をしている人でも男であると分かります。
ですからこの嫌でも目立つ男の特徴は、メス化を目指す者にとって、いっそ見せるかなくすかの二択を迫られるものと言えます。

なくすには性転換手術を受けるという方法がありますが、さすがにそこまでやるのは難しいという人には、タックと呼ばれる陰茎格納術がおすすめです。実際女装専門サイトで下着姿を披露しているオペなしニューハーフは、タックを使って上手く女性らしいプロポーションを作っています。
このタックという方法はすでにこのサイトでも何度かお伝えしている通り、素人の男性でもコツを掴めば痛みもなく簡単にできてしまうものです。やってみると意外とかんたんにできてしまう人も多く居るため、興味があれば今すぐ試してみてほしい超ライトな陰茎改造と言えるでしょう。(ただ怪我や事故にはならないように気を付けて)
ちなみに完全に陰茎を切除する性転換手術を行う場合は、最低でも100万円以上の手術費がかかるといわれている点も一応知っておくと良いでしょう。

ペニスをなくすという選択に対して、逆に見せるという選択にも主に2種類の方法があります。ひとつはそもそもまったくペニス自体は弄らず、陰毛を綺麗に剃るだけで置いておくという方法があります。
これはペニクリを好むニューハーフマニアの男性などから支持されているもので、要は女性と違って陰茎を持っているということを弱みではなく強みと考える方法です。現にニューハーフやシーメール、女装子との出会いを求める男性にはペニクリは弄らずにそのままで良いと考えている人が多いようです。

超上級者向けの性器ピアス

こういったペニスをほとんどそのままで見せるというやり方と少し違って、正真正銘の陰茎改造を行うという手段を取る人も居ます。たとえば亀頭に真珠やピアスを着けたり、睾丸部分に鎖状の飾りを取り付けて、まるでよく調教された性奴隷のように魅せるといった方法があります。
このてのピアッシングと呼ばれるペニス改造はとても希少価値が高く、相手が女性であれ男性であれ、それを見せれば驚きと感動を相手に与えることができるでしょう。なので男のメス化を進める上で、性転換手術の次に良いのは実は性器ピアスの取り付けではないかと考えられます。

しかしここで注意しておかないといけないのは、性器改造はあくまで性転換手術と違って、さまざまなリスクが関わってくることです。まず費用はもちろん高額ですし、なにより痛みが強烈です。実際この痛みを恐れるあまりにほとんどの人が陰茎改造を断念していると言っても過言ではありません。 さらに陰茎にピアスを取り付けたあとでもアフターケアが欠かせないという特徴があり、これを怠ると感染症に罹る場合があります。
こういったこともあって、あくまで性器ピアスはある程度知識と勇気があって、自己責任で個人が行う程度のものと認識して良いと思います。ボディピアスやタトゥーといった身体改造についての知識すらまだまったくないような人が、いきなり勇気だけで行うべきものではないということは覚えておきましょう。

ボディピアス

以上のように男性のメス化を目指す場合には、陰茎改造が何気に深く関わってきます。
前述のむしろなにも手を付けないという方法が一番おすすめですが、興味とやる気がある方は、性転換手術や陰茎ピアッシング、タックなどを実践してみても良いでしょう。

意外と男性の身体は女性ホルモンの注射や意識的な取り組み、食生活や前立腺への刺激でもメス化したような感覚を手に入れられるものなので、あまり深く考え込みすぎず、健康と安全に十分配慮した上でいろいろな手法を試してみるといいかもしれません。
そして自分なりに女性に近づくことができたと判断したら、ひとまず他人に自分の姿を見せてみることをおすすめします。その点今時は女装子やニューハーフが多く集まるサイトがあるため、理解者やパートナーを探すのにはあまり苦労しないと思います。

2017/02/04