アナル改造と逆レイプ調教の関係

一人でアナル改造に長い時間をかける男性というのは、実は世の中にかなりの数存在します。
ですがそんな人たちが到達するトコロテンやメスイキ、ドライオーガズムといった快楽は、どれほど気持ちの良いものでも自慰行為の範疇に収まります。

そのため実はすでにアナルセックスができるパートナーを手に入れている人と比べると、そのてのアナニー好きな人たちはアナルの改造具合が甘い部分が多いのです。
実際は誰かとアナルセックスを繰り返すことでしかアナル拡張というものはそこまで上手くできないものなので、肛門拡張を好む人はひとまずSMサイトなどでアナルセックスができるパートナーを探すことが無難だと思います。

一度良いパートナーと関係を持つことができれば、その後は何度もアナルセックスを楽しむことで、次第に自分を上手くメスイキに至らせる感覚が理解できてくるものです。
特にドSな女王様とお付き合いした上で、ほぼ毎週、週に一回は逆レイプ調教を受ければ、人は驚くほどかんたんにアナル改造を成し遂げられるものなのです。

半ば無理やりに拡張されて、自分でやるよりも的確に前立腺を刺激される逆レイプ調教は、なんでも人任せな性格のエゴマゾ男ですらかんたんにメス堕ちさせてしまったりもするものです。
十分に女性にケツ穴を掘られてオスマンコを性器として改造することができてしまえば、ほとんどの人はその後、女王様なしでもアナニー一つでメスイキという体験を日常的に楽しめるようになるのです。

人それぞれ向き不向きもある程度違いはありますが、上手く調教すれば性器と言えるくらいに感度が増してくれるのがアナルというもの。
ですからアナル改造とメスイキを出来る限り短期間で実現させたり人は、逆レイプ調教と呼ばれる激しいアナル調教を実際に女王様と出会って体験してみることをお勧めします。

2017/03/03