素人マゾにありがちな3つのメス堕ち体験談パターン

マゾヒストとして自覚のある男性というのは、少しの工夫で突如としてメス堕ち、つまりはメスイキのようなドライオーガズムに覚醒してしまうものです。
そのきっかけは人それぞれに違ってくるのが当たり前ではありますが、今回はよくあるメス堕ち体験談にありがちなパターンを3つ紹介したいと思います。

まず一つ目は、素人男性がサドっ気のある女性と出会い、気軽に行ったSMプレイで雌堕ちしてしまうパターンです。
これはある意味一番羨ましいというかリア充なパターンであり、たとえばカップルがソフトSMを試して、気が付けばドライで味わう性感というものに気づいていたということがよくあります。

メス堕ち

次に2つ目としては、男性が元男性であるニューハーフとプレイを行うことでメス堕ちするというパターンです。
人によってはゲイやバイなどと評価することが多いこのようなパターンも、最近では性の価値観が多様化した分、とても起こりやすい展開だとされています。

そして最後に3つ目、これは意外ですが、調教経験豊富な女王様と出会った男性が調教を受けて目覚めるというパターンです。
実はこのようなSMに詳しい女王様に導かれてメス化や無射精快楽の道を歩む人が今は多く、実際にSMに特化したマニア向けのサイトではそのての男女の出会いが多くなっています。

以上、3つのパターンを紹介しましたが、一番良いメス堕ちの方法は、やはり経験豊富な相手に任せる流れだと思います。
彼女やセフレと経験を積み重ねていくのも良いことではありますが、初めから経験豊富な女王様やニューハーフから調教を受けてみることができれば、よりスムーズに事故や怪我が発生する可能性も低いまま開発を楽しめることでしょう。
メス堕ちというのは一度経験してしまえばより新鮮な快楽を味わえるようになる貴重な体験であるため、まだ未経験の人は自分にぴったりの相手と出会って一度は経験できるように試してみてください。

2017/07/15