マゾヒズムの起源「ザッヘル・マゾッホ」超解説

前回お届けしたマルキ・ド・サドの超解説に続いて、サドの対極とされているマゾヒズムの起源について書いていきます。
つまるところマゾの起源とは「ザッヘル・マゾッホ」その人であり、彼はサドと同じく小説家でした。

しかし、これまでに解説したサドと比較した場合、マゾッホの人生は比較的穏やかで、サドのような過激な人生を予想していると肩透かしを食らいます。
彼は最終的に振り返ってみれば、女性に対する愛にすべてを捧げた、実に純真な人生そのものを送っています。

跪くマゾッホ

もちろん、その愛に熱中する姿は常識的な観点から見れば狂っています
そのもっともたる例が主従誓約書の作成で、彼は後に解説する彼自身の作品と同じように、数人の恋人に自分を奴隷として扱うように契約を交わすなどしていたのです。

彼は元々は自身の故郷ガリツィアを舞台にした歴史小説を書いている普通の作家でした。
しかし、後に代表作「毛皮を着たヴィーナス」を執筆するなどして、徐々にマゾヒストの原点とも呼べる変わった性癖の吐露を始めます。

隷属愛に狂った稀代の小説家

「女は男の奴隷になるか暴君になるかのいずれかであって、絶対にともに肩を並べた朋輩にはなりえない」
これはマゾッホが「毛皮を着たヴィーナス」の中で登場人物に語らせている有名な言葉であり、彼の恋愛に対する姿勢をもっともよく表した言葉です。

この小説の内容は一人の男が一人の女との変わった恋愛について語るといったシンプルなものですが、そこで語られる恋愛のかたちは常識を逸しています。

語り部であり主人公である男は自分を女性から痛めつけられることで悦びを感じる超官能主義者であると言います。
そして彼が恋した美しい女性ワンダに、足で自分を踏んでくれとか、罵ってくれと懇願するのです。

しかし当のワンダは実にノーマルな性癖の持ち主で、主人公のこのような変態的な要求に戸惑います。
ただ彼女自身主人公のことを愛しているが故に、恐る恐る彼を踏みつけたり、いじめたりすることに慣れていくのです。

毛皮のビーナス

ここから先のあらすじを述べるとネタバレになりますが、主人公とワンダの奇妙な主従関係は、新たな男の登場で終わりを迎えます。
そして主人公はその普通に考えれば悲劇的な結末、仕打ちを、妙に納得したような心地で受け入れるのです。

どこまでも女性に全てを捧げて、何もかもを奪われ馬鹿にされても、その女性を愛し続ける男の姿
この姿こそまさにマゾヒズムであると、精神科医クラフト=エビングは定義し、世界で始めてマゾヒズムという言葉が生まれたのです。

マゾッホは「毛皮を着たヴィーナス」以外にも絶世の美女とその信者たちの異常な主従関係を描いた「聖母」など、実にさまざまな作品を残しています。
そしてその作品のどれもどこか優雅な雰囲気と品性を感じさせる文体で書かれており、純粋に文学作品として価値が高いと多くの人に絶賛されています。

特に彼の作品には獣の皮や野獣が女性の権威を表すモチーフとしてよく登場し、毛皮フェチを思わせる描写もあるのが個人的に興味深いところです。
さらに狂った主従関係、マゾヒズムを描いているにも関わらず、妙に惹きつけられてしまう恋愛への情熱も読み取れるところが良いですね。

静かなる恋愛観革命

ザッヘル・マゾッホという人物は冒頭に書いたようにサドほど過激な人物でも、あからさまに狂気に満ちた人物でもありません。
しかし彼が遺した作品の多くは確かに多くの人の常識を打ち壊し、マゾヒストとしての生き方の原点を示した革新的なものでした。

そういった意味で彼は研究すればするほど奥深く、次々に興味が湧いてくる人物だと言えそうです。
現代を生きるマゾヒストを自負する皆さまには、ぜひともマゾの原点たるマゾッホの生涯や作品に積極的に触れていってほしいと思います。

カテゴリ:SM出会い

タグ:

サディズムの起源「マルキ・ド・サド」超解説

現代において「サディズム」や「サド」という言葉はとてもポピュラーな言葉であり、一般の人々に広く浸透した言葉だと思います。
単純にサドと言えばSMのS、「誰かを暴力的にいじめたり責めたりすることに快楽を感じること」であると誰もが理解しています。

しかしそもそもこの言葉は何百年も前には存在していなかった言葉であり、長い人類の歴史から見ればかなり新しい言葉と言わざるを得ません。
現にこの言葉は1800年代後半から1900年代前半に活躍したオーストリアの精神医学者によって新たに造られた言葉なのです。

そしてこの言葉の元となった人物こそが「マルキ・ド・サド」という人物であり、彼こそがあらゆるサディズムの起源であると言われています。

元祖ドSの前衛小説家、または変態貴族の「サド」。

マルキ・ド・サド。彼はフランスが革命に揺らいでいた、ちょうどバスティーユ牢獄襲撃事件があった時期を過ごした一人の貴族です。
しかも彼はこの牢獄襲撃事件、フランス革命の発端を作った一人であるともされている人物であり、単純に性に関する文化だけでなく、人類史にとってもかなり重要な人物なのです。

具体的には彼は革命直前に牢獄の中から、牢獄の中では囚人に対する殺人が行われている、との旨を民衆に叫び続けたという記録があります。
これを聞いた民衆はさらに革命の必要性を感じ、バスティーユ牢獄の襲撃を決意したのではないかとされています。

サド

さて、ここで気になるのはなぜサドは牢獄の中に居たのかということですが、これは単純に彼が囚人の一人であったからです。
何故囚人なのかといえば、その理由こそ彼がいわゆるドSで変態で、異常性癖をまったく隠さない人物であったということなのです。

サドは生涯あらゆる道徳と宗教、法律を受け入れず、究極の自由や放蕩を愛し、実に多くの前衛的なポルノ小説を後世に残しました。
彼の作品原稿は近しい貴族や精神科医、蒐集家に受け継がれ、今現在日本国内でも誰もが読めるかたちで残っています。

前衛ポルノ小説家として…

彼の作品における最も大きな特徴を挙げるとすれば、それは「徹底した一方的な暴力」であると言えるでしょう。
たとえば彼の処女作である「ソドム百二十日あるいは淫蕩学校」という小説の内容は、終始性的な暴力と拷問ばかりで埋め尽くされています。

具体的な内容を掻い摘んで見てみても、殺人と汚職に塗れた高齢の4人の貴族たちが、真冬の古城で42人の若い男女と彼らの妻を集団で拷問にかけるといった内容です。
大きく簡略化したこのようなあらすじを聞くだけでも、ほとんどの人がサドの作品は異常であり、前衛的すぎると感じることでしょう。

ソドム

無論、彼の作品は何度も禁書扱いされた挙句、特にフェミニストたちから辛辣な批判を受けてきました。
しかし逆に精神科医にとってはフェティッシュ文化を分析する上でとても重要なテキストであると評価されたり、前衛的な芸術家や哲学者たちには既成概念を打ち壊す偉大な文章であるとも評価されてきました。

このように、マルキ・ド・サドという人物の評価は今現在のSM愛好者たちへの世間の評価と同様に、常々賛否両論、論争が続いていたわけです。
ただそのような物騒な問題の日常化もものともせず、今もなお彼の作品や思想が愛され、広く一般人にサドという言葉が知られているのは、やはり彼が普遍的な人類の持つ真実について言及しているからこそでしょう。

「マルキ・ド・サド」は永遠なり!

サドは存命中何度も投獄、監禁されながらも、一生涯に渡って作品の執筆を続けました。
最終的に獄中死を迎えた彼ですが、彼が人類に遺した影響は計り知れず、良い意味でも悪い意味でも、人類史を語る上で彼を無視することはできません。

SM文化について学んだり、実践したり、SM業界の中で働いたり遊んだりしているすべての現代人に、もっとマルキ・ド・サドについて知識を深めて頂きたいと思います。
そうすれば、彼が生涯訴えたかった人間の自由、性の営みに対する真摯な思想が、おぼろげながらある程度理解できるようになるかもしれません。

カテゴリ:SM出会い

タグ:

誰も教えてくれないSMで本当に大切なこと

SMプレイに興味を持ち始めたのであれば、まずはSM調教における心構えについて学んでおくべきでしょう。

最近ではこのブログ以外でもONLINE上でのメールやメッセージ、チャット、実際に出会った上でのSM調教の方法を紹介しているサイトがよく見つかります。
しかしそのてのどのサイトの解説も、実にありきたりで、そんなことすでに知ってるだろ?と言ってしまうような内容ばかりなので、あまりによろしくない状況だなと思います。

特に「SM調教には信頼が大切です!」といった内容の記事がよく見つかりますが、こういったSMプレイのテクニック以前に常識となっている「言わなくても普通分かっているだろうこと」を自信満々に載せていても、今どきまったく情報として価値がないように思います。
そのため、この記事ではそれよりも大切な、より具体的で突っ込んだ、本気のSM調教における心構えをお伝えしたいと思います。

もう一度SMについて考えてみましょう

まず第一に確認しておくべきことは、あなたは本当にSM調教に対して真剣ですか?ということです。

たとえば他のサイトではよく「ただただドSな男は調教師失格!」とか、「一方的なSは勘違いSである!」という主張が見受けられます。
たしかにこれは前述したように、プレイ以前の人付き合いの問題であれば納得する部分もあるかと思います。

しかし、いざSM調教を真剣に行う場合に限っては、こういった主張を正しいとするのは甚だ疑問です
そもそもSMとはサドとマゾ、嗜虐と被虐の間で行われる本気のプレイのことを指すのです。

ハードSM

ですから、このプレイを本気で楽しんでいるときに、調教師がやたらと「これで大丈夫?」とか「痛くなったら言ってね?」とか言うと、正直マゾの立場としては萎え萎え、最悪の場合はドン引きです。
もちろん怪我や事故防止のためには最低限の意思確認は必要ですが、心配性で経験不足なただの童貞男みたいに、にこやかな顔で紳士を演じていても、ことSMプレイの真っ最中に優しい人アピールしてるのは人として痛いだけです。

それよりも調教師に必要なのは、奴隷の目の前では徹底的にドS。しかし奴隷にまったく気付かれない部分で安全対策はしっかりしている。相手への気遣いを忘れていない。ということなのです。

ちょうどこれはセックスの上手い男が、女性がまったく気づかないうちにコンドームを装着し終えていたり、クッションや下着を完璧な位置に調整しているのと同じことです。
これはとても難易度の高いテクニックであるために理解しづらいことだと思いますが、要は「気遣いとは相手に知られたらただの嫌味であり、失敗である。」ということです。

不思議なことにこういった本人は良かれと思ってやっていることが、まったく裏目でただの嫌味に映っているだけという人は驚くほど多く居るものです。
そしてこういった人たちは残念ながら、その嫌味な自分の姿すら認知できていない上に、普通に「自分は常識人!」などと考えています。

マナーは守りつつ本気でSMを楽しもう

もうここまで読んでいれば分かることですが、あくまでSMにおいては主従関係が大切であり、調教師は威厳とドSな態度、行動が必要不可欠です。
中途半端でいかにも「SMを初めてやっています!」みたいなダサい姿を女性に見せたくないのであれば、実際のSMプレイの最中は絶対に良い顔をしてはいけません

ハードSM

そしてそういった真剣なSM調教をやっている中で、本気で不満を述べてくるようなマゾ女が居たら、彼女はそもそもマゾではないので別れましょう
さらに、もし本気でSM調教を実行して何らかのトラブルが起きたとしたら、そんな状況に陥る程度のスキルしか自分にはないのだと自覚して、あなた自身が今すぐSMを辞めるべきでしょう

とても厳しい言葉の数々を並べましたが、実際のところ、本気でSMの出会いを楽しみたいなら、こういったことを理解しておくべきなのが現実です。

自分で自分の行動に全責任を持ち、その上で相手にまったく気付かれない完璧な気遣いを続けながら、真剣にSM調教を楽しむ
これができるようになろうとする意志さえあれば、SM調教は必ずあなたの人生にとって実のあるものになってくれるでしょう。

カテゴリ:SM出会い

タグ:

ハードSMやってみようぜ

SMは多くの人が思っている以上に安全で楽しいプレイのひとつですが、もちろん過激な要素を持つことが最大の魅力と言えます。
鞭や蝋燭といった典型的なSMグッズは、人の身体に程よい痛みを与え、普通のセックスでは叶えられない非日常な刺激と興奮を体験させてくれます。

以前の記事でも述べましたが、SM初心者の皆さんはまず、ソフトSMから気軽に始めてみることをおすすめします。
そしてSMのことをある程度自分の中で理解できたと思ったら、これもまた軽い気持ちで、一度ハードSMにも挑戦してみると良いでしょう。

ハードSM

簡単だけど奥深いSM

ハードSMはソフトSMよりはその名の通りに過激ですが、プレイ内容自体は大して難しいものではありません。
たとえばこれまで普通のタオルで手を拘束していたのであれば、それを頑丈な手錠に換えて、さらに足枷まで取り付けるだけでもよりハードなSMが楽しめます。

さらにプレイに慣れてくれば、手枷足枷だけでなく、目隠しやボールギャグを使ってみるのも良いでしょう。
四肢の自由だけでなく視覚や発声まで制限されてしまうと、強い不安はもちろんですが、それ以上にマゾな性癖を持つ人は信じられないような興奮、刺激、快楽を味わうことになるのです。

ボールギャグ

しかしここでひとつ注意しておいてもらいたいのは、特に口や鼻に取り付けるSMアイテムの使用方法についてです。
たとえばよくある穴つきボールギャグは穴が空いていて比較的呼吸しやすいからまだ良いものの、穴一つないガムテープやゴムマスクといった代物を、SM初心者が気軽に利用するのはおすすめしません。

これらは見た目はそれほど危険に見えなくとも、少し取り付け位置がズレたり、取り外しのタイミングが遅れたりするだけでも重大な事故に繋がる恐れがあるからです。
こういった、いわゆるハードSMの中でも呼吸管理を扱うようなプレイというものは、かなりのSM玄人だけが、出会ったSMパートナーと同意の上、自己責任で楽しめる専門的な行為と考えておくべきでしょう。

まさに緊縛はSMの華

さらにハードSMを語る上で外せないテクニックのひとつといえば緊縛調教です。
この調教方法はとても奥が深いため、ぜひ知っておいて頂きたいことはたくさんあります。

たとえば縄はソフトSMのようにただ相手の手首を縛るだけでなく、亀甲縛りなどの全身緊縛の手法を用いれば、縄による締め付けの快感が全身にまで効果を発揮して快楽が得られやすくなります。
しかも縄による緊縛は縛った身体の見た目がとても美しく、一種の美術品のようにすら見えることから、海外でも熱心なファンがかなり多く居るくらい魅力的なものです。

SM緊縛

一言で言ってしまえば緊縛を極めることはSMを極めることと一緒であると言えるくらいに、緊縛技術と緊縛方法は、一度深く学ぶ価値のある技術だと言えます。
いわゆる縄酔いと呼ばれる独特の快楽を味わえるようになるまで、キツく縛っているのに気持ちよさしか感じないような至高の緊縛ができれば、よりハードSMの楽しさが理解できると思います。

これからの人生にハードSMの出会いを

以上のようにハードSMはソフトSMよりも専門的な知識や注意も必要になりますが、究めれば究めるほどに魅力が増していく奥深い魅力を持っているのです。
人によってはこの奥深いハードSMの世界、技術を探求し、プロ調教師や緊縛師になったり、人生における生き甲斐のひとつを発見する人も多いのです。

たとえ今はSMに関する知識も経験もまったくない状態でも、少しづつ自分なりに興味本位で学んでいくだけで、意外とSMの面白さやスキルは向上していくものです。
ハードSMに少しでも興味を持ったなら、刹那的なアダルト画像や映像の蒐集は止めて、実際にSMを目的とした出会いを体験してみてほしいと思います。

カテゴリ:SM出会い

タグ: