引くほど事故が多いSM調教の問題と今後

SMについて学べば学ぶほどに目にする話題がSM調教によって起こる事故についての話題です。
実際問題、SM調教を行う中で起こる事故というのは世界中で多発しているものです。

たとえば海外でニュースになった有名な事件であれば、「ローマSM事故」と呼ばれるものがあります。
この事故は素人SM愛好家の男女が薬物やアルコールを摂取したまま緊縛SMを行ったもので、結果的に窒息による死者を出してしまったという事件です。

薬物摂取や飲酒の時点で日本ではあり得ないようなひどい事件と言えますが、実際のところそんな呆れて物も言えないような事故も実際に起きてしまう危険性を持っているのがSM調教なのです。

緊縛

とりわけ専門技術と安全対策が必要な緊縛調教はかなりの数の事故がこれまでに何度も起きています。
日本国内でもSM緊縛の中で縛られた側の腕の神経が麻痺したといったような事故はよく耳にするところです。

中でも最近起きた某自称プロ緊縛師による麻痺事故は、twitterなどSNSでも過激に批判されるなど比較的大きな話題となりました。
他にも有名人の謎の首吊り自殺や不可解な死の多くは報道規制がされているだけで、実際はSM自縛オナニーによる事故死であると噂されてもいます。

これらのようなSM調教に関わるさまざまな事故は、何故こんなにも多く起きてしまうのでしょうか?
今回はそのような疑問についてもっと掘り下げて考えてみてもらいたいと思います。

SMで事故が起こりやすい原因とは

そもそも今一度再確認してもらいたいことは、SM調教、SM文化というものは実にアンダーグラウンドと親和性が高く、マニアックな世界のものであるということです。
SMに関して国家が何らかの規定や決まりごとなんて現状作ってはいませんし、見た目としては医療行為に近い緊縛調教やピアッシングといった行為は、かなり法律的にもグレーゾーンの文化であると言わざるを得ません。

それゆえにSM調教に関わる者は原則として成人であり、自分の行動に対して責任を持つ、つまりは自己責任の考えをしっかりと受け止めることができる人間でないといけません。
ですから、実際にSMプレイの中で何らかの事故が起きたりした場合は、たとえ世間的には加害者とされている一方が悪いと言われるような場合でも、被害者とされているもう片方の責任もまったくないとは言えないものです。

過失相殺

これは裁判や刑法の考え方で言えば過失相殺と呼ばれるものが適用されるためで、かんたんに言えばSM調教というものは自己責任で楽しむのが当たり前の文化がであるということです。
こういったSM業界や文化の成り立ち、現状、背景があるがゆえに、SM調教においては事故や論争が起こりやすいのだと言えます。

個人の意識を高める以外になし

こういった実にあやふやで不安定で前衛的なSM業界に変革をもたらし、より安全で安定したSM業界を確立しようという動きも、最近はあらゆるところで生まれています。
実際にSMクラブやプロを自称する緊縛師が緊縛講習会を開いたり、SMに関する議論をする場を設けたりなどが今現在行われています。

中には今後SM調教はすべて免許制にしてしまおうだとか、国や強力な権限を持つ機関が安全基準を制定すべきだと主張する人も多くなっています。
しかし実際のところ、今現在のほかのあらゆる性風俗やアングラ文化と同様に、そのような主張は結局、価値観の多様化という不可逆で強大な時代の流れの前に屈しているというのが現状です。

人や物や考え方が複雑に絡んでいるところに、一見すると綺麗な定義や規制を持ち出すと、最終的には一部の偏屈な勢力による市場独占や、市場発達の停止と自滅が生まれてしまうというのは実にありがちなパターンです。
そのため結局、SM業界において調教に関わる事故を少なくしていくためには、何よりも草の根運動のような個人個人のモラルと技術の向上、その重要性の流布が不可欠になると言えるでしょう。

緊縛方法

SM調教においてサド、調教を行う側というのは実のところかなり重い責任を抱えているということをまず知っておいてください。
そして調教中の態度はどうであれ、調教される側の健康と感情を第一に考えた行動をとれるように日々気をつけていくことが、SM調教師にとってはなにより大切です。

SもMも関係なく、SM調教という特殊な行為はあくまで自己責任の行為と言わざるを得ません。
あらゆる価値観が急速に多様化している現代社会であるからこそ、自分の行動に全責任を持ち、本当の意味で自由を享受できる現代人となることからまずは始めていくべきでしょう。

カテゴリ:SM出会い

タグ:

日本のSM緊縛は歴史も実力も世界一

今現在の国際社会の中で日本という国は、勤勉で真面目で協調性に優れた国家としてかなり知名度が高くなっています。
このことは自動車や電子機器に関わる輸出企業が常に他国と同等かそれ以上のシェアを世界で誇っていることからもよく分かります。

そしてこのような状況と同じく、日本にはまだまだ誇ることのできる独自の文化、技術があります。
そのうちのひとつがSM調教における緊縛技術です。

緊縛というものそれ自体は似通ったものが世界中にありますが、日本における緊縛ほど美しく繊細で技巧的なものはまずありません。
そもそも日本における緊縛は、その成り立ち自体が他の国での単なる拘束方法としての扱いから大きく外れているのです。

拘束に作法の概念を

日本で緊縛文化が生まれたのは江戸時代からだと言われています。
江戸時代は戦国時代などと違って武力で何でも解決する時代ではなく、むしろ平和と安定、幕府の存続のために比較的穏便な対処が必要とされた時代です。

たとえば罪人一人を捕まえたとしても、その人をいきなり斬首したり切腹を命じたりはしませんでした。
今日の社会では普通に行われる裁判に似た様々な検証や手続きを踏むことが江戸時代では当たり前であり、そのためには逮捕した者を長時間、安全に、絶対に動けない状態で拘束する必要があったのです。

この長い時間怪我をせず、しかも確実に拘束を保てる状態を作り出すために生み出されたものこそが日本における緊縛なのです。

江戸緊縛

そんな時代背景で生まれた日本の緊縛ですが、実はそのような安全な拘束方法としての実用性だけを持っているものではありませんでした。
たとえばお茶を飲むことだけに作法を重んじるようにした茶道のように、日本人はその美的感覚を用いて緊縛にさえ作法の概念を持ち込んだのです。

たとえばただの浪人を縛るのであればこの結び目で良し、逆に幕府の重鎮を拘束しなければならない時はこのような縄の通し方をしよう、などと緊縛する相手の身分によって緊縛方法を変えるようになったのです。
江戸時代は長い日本史の中でも特に身分を重視する社会であったため、このような身分の違いを考慮した作法が緊縛に生まれたのも自然なことなのかもしれません。

実用緊縛から魅せる緊縛へ

これまでに書いたように日本で育った緊縛技術は極めて実用的なものが多く、実際に江戸時代以降は治安維持のために警察組織がよく活用していました。
人の身体に負担をかけないように、しかも身動きが取れないように、主に関節部分に多く縄を通すような緊縛の方法は、諸外国の乱暴な縛りとは一線を画すものです。

しかし近代に近づくに連れて、こういった緊縛の技術は実用性よりも魅せるためのものに徐々に変化していきました。
元は縛られる側の身分を考慮した心遣い程度の意味しかなかった緊縛の作法が、単に人を拘束するためだけでなく、より縛られた人を官能的に魅せる高度な技術に昇華していったのです。

女体縛り

今日多くの人が目にするSMプレイにおける緊縛とは、まさにこのような魅せる緊縛の完成形と言えます。
安全に確実に人を拘束するのはもちろん、それだけでなく見た目として美しいということが、現代のSM緊縛の特徴であり一番の魅力となっているのです。

近頃は海外から日本の特徴的な風俗のひとつとして緊縛は多くの注目を浴びており、ジャパニーズアニメーションを買ったついでに緊縛モノのAVを購入する外国人の方も多くなっているそうです。
人を縛って拘束するだけのことに作法や美を取り込んだ日本人のセンスに、海外の人たちは驚きと関心を持つことが多いわけです。

すべての人に緊縛を

大昔、偉大な音楽家ベートーベンは、これからの時代は音楽というものが民衆のために存在するようになると予言をしました。
今日においてその予言はまさに的中し、音楽は一般市民のためにある上に一般市民が気楽に制作できる世の中になったことをすべての人が知っています。

全身緊縛

これと同じように緊縛という技術も江戸時代にくらべて、今や一部の特権階級だけが行うものではもはやありません。
音楽を奏でることと同じように、今や緊縛という技術もやる気さえあれば誰でも実践可能な時代が来ているのです。

事故防止への配慮や調教師それぞれのマナー遵守はもちろん必要であるものの、日本に生まれたからには緊縛を楽しまない手はありません。
今では初心者調教師が一緒に緊縛を学べる初心者マゾ女と出会える場所も多くなってきているため、緊縛調教に興味がある人はまず自分に合ったM女性との出会いを求めてみることから始めてみると良いかもしれません。

カテゴリ:SM出会い

タグ:

マゾ女の見分け方まとめ[永久保存版]

SM調教師として多くの女を導く立派な男になりたいと考えているなら、まずはマゾ女の見分け方を習得するべきです。
一流のハンターが獲物を見分けることすらできないようであれば最悪最低と言わざるを得ず、サディストとして活躍するためにはマゾ女分析が絶対に必要です。

早速本題に入りましょう。
ずばり、世の中に無限に存在する女性の中からマゾ女を見分ける方法とは何であるか?

その答えは分析対象の女が「受身であるか?単純であるか?」の二点を基準として振り分けるという方法です。
以下にこの二つの判断基準それぞれの詳しい解説を記しますので、よくよく学んでマゾ女の見分け方を今日中にマスターしてください。

マゾ女は受身である

とても分かり易いM女の特徴は、ずばり彼女たちは根本的に受身であるということです。
そんなこと分かってるよと文句を言いたくなる気持ちは分かりますが、実際のところM女を探す上で「受身であるか否か?」をしっかりと判断できている男性があまりに少なすぎます。

眼を逸らす

相手の女性が根本的に受身であることを日常生活の中で判断するには、たとえば話す時の目線で判断できます。

普通社会人は程度に個人差はあれど、基本的には相手と自分、眼と眼を合わせて話をするものです。
ちょっとした挨拶ならまだしも、普通に一対一で会話をしている時に相手の眼をまったく見ない人は、社会人以前にそもそも人として問題があります。

よって病的に人と眼を合わせることに恐怖を感じているような女性は、まず間違いなく受身であると判断して良いでしょう。
さらに常識的な観点から見ても少し眼を逸らしている時間が多いなと感じる女性は、普通に受身タイプの女性だと判断することをおすすめします。

異常のように会話中の目線だけでなく、少し仲が良くなった女性の手を触れた際に、怒りの感情を出す人は攻め、恐れや驚きを示したり何も表現しない女は受身だと考えると良いでしょう。
基本的に男性からのなんらかのアプローチに対して露骨な拒否反応を示す事ができない女性は、高確率で受身女だと判断できることを覚えておいてください。

マゾ女は単純である

マゾな女性は単純な性格をしており、あらゆる行動パターンが分かりやすいものです。

単純な女

たとえばファッションに関しては自分が好きだと考える服やアイテムを、いくら派手でも普通に身につけます。
自分を主張することにあまり躊躇せず、自分が良いと思ったものは他人も良いと思うに違いないと思い込み、実に単純で浅はかな美意識を持っています。

さらに自分の弱い部分やコンプレックスを単純に嫌っており、とにかくいつも自分を変えたい、変身したいと考えています。
それゆえに自分を大きく変えてくれる人物には無条件で従ってしまうことが多く、いくら恥でも自分の卑屈さを隠したりしません。

さらに面白いのは一度好きになった人物には徹底的に尽くすことを望んでおり、実際にどのようなことでも受け入れてしまいます。
そのような一見すると単純な恋愛観、行動パターンはまさにマゾ女の性質そのものと言えます。

サド男(調教師)は真逆の存在であれ

これまでに解説したように、マゾ女という生き物は常に受身で単純な存在です。
ですから調教師となる男性はその真逆、積極的で複雑難解な存在でなければなりません。

調教師

具体的には自分が攻める姿勢を第一にしなければなりません。
俺を相手してくれるなら誰でもウェルカムでは足りず、むしろ俺が相手してやるよというくらいの情熱と意欲がなければなりません。

さらに女の発言や行動を真に受けたり、分かり易い反応を示すのもよくありません。
もちろん相手が本気で嫌だと言ったらSM調教はすぐに止めなければなりませんが、ちょっと女が憂いのある声で喘いだだけで調教を止めてしまうようでは調教師失格です。

受身で単純なマゾ女に思慮深い男が積極的に絡んでいけば、大体の場合はサドとマゾの良好なSMパートナー関係が築けることでしょう。
世のすべての男性はたとえSMや恋愛に関して自信がなくても、最初からできる限り自信と情熱を持ってマゾ女にアプローチをかけていくべきなのです。

カテゴリ:SM出会い

タグ:

出会い系で使える正しい顔写真の撮り方

SM専門サイトであれ何であれ、出会い系に属するサイトで活躍する場合は、自分を上手く表現するスキルが必ず必要になります。
とりわけプロフィールに掲載したりメールで送信することもある自撮り写真、自分自身の顔写真はとても重要なものです。

最近流行りのセルフィーという文化もあってか、近頃は多くの人が自分の顔写真を撮るのがかなり上手くなっています。
そのため頼まれもしないのに性器露出画像を載せてどや顔しているような、日本語が通じるのかも怪しいかなり重度の変態でなければ、最低限出会い系に使える正しい顔写真の撮り方くらいは習得しておいて欲しいものです。

今回は普段写真を撮る機会が少ない人でも分かりやすい、今どきスタンダードな顔写真の取り方、テクニックをいくつかご紹介したいと思います。

まずは表情が大切です

出会い系を利用する人のほとんどが重視しているものは、ぶっちゃけ自分が出会う人の顔、見た目でしょう。
美人やイケメンと自負できる程度の顔なら良いですが、そうではない場合、さすがに自分の顔がブサイクだからという理由で整形手術するのはやりすぎです。

だからこそまず、自撮り写真を撮る時に気をつけてもらいたいのは表情です。
それもできればSM専門の出会いサイトを活用するなら、それ相応に雰囲気や意欲を感じられるものにすべきでしょう。

表情

たとえばドSな男が自信も元気もない顔だと頼りないしムカつくかもしれません。
逆にドMな男が偉そうに笑みを浮かべたり睨んでいたら、こいつは調教を受ける気があるのか?と思われてしまいます。

一般的な自撮りテクニックの一つには、写真を撮る前に深呼吸をして瞳孔を開くという、見る人に明るい印象を与えるテクニックがあります。
これを活用すれば、特にドSな男性は優しさや信頼できる男性を女性にアピール出来ますし、調教をする時の厳しい態度とのギャップを見せたりできるかもしれません。

また、マゾ男性は敢えてカメラの外にあるものを見つめたり、目薬などで目を潤しておくことで儚げな印象を相手に与えられるかもしれません。
今すぐにでも相手がいじめたり相手してあげたくなるような表情を意識するだけでも、SM専門の出会い系にぴったりな顔写真は撮影できるものです。

角度でSMを表現する

顔写真を撮る時にはカメラのアングルを意識することがとても大切です。
たとえば一般的な写真撮影の際には斜め上から自分を撮れば、あごのあたりがあまり見えなくなる分スマートな顔に見えるとされています。

撮影の角度

このテクニックを活用して、ご主人様や女王様に自分の可愛らしさをアピールするために上目遣いでの撮影はおすすめです。
斜め上から上目遣いで、やわらかな日光のあたる場所で自分を撮影すれば、マゾ男やマゾ女性にぴったりの雰囲気を醸し出すことができるでしょう。

対して調教する側はマゾと逆に相手を見下ろすような角度で撮影すれば、印象の良い柔らかな表情をしていても威厳を保つことができます。
さらに鞭や鎖などの小道具を手に持ったり、ボンデージスーツなどを着ていればより良くサドアピールをすることができるでしょう。

場所にこだわりを持てばさらにベター

自分の写真を撮る場合は、自分の見た目だけでなく背景、撮影場所にも気をつけておかなければいけません。
たとえば自分の後ろに散らかった衣服や荷物が散乱していたら、それが見えるだけでいい加減な性格を表現してしまうことになります。

撮影場所

さらに極端に日光の少ない雨の日や、逆に日の光が強すぎる晴天下の野外では、場合によっては自分の姿が映りづらくなってしまう場合があります。
セルフィー上級者の中にはコンビニや家電量販店などの照明器具が多い場所での撮影が便利だと言う人も居るため、自分の顔が少し暗く映ってしまう人は一度試してみるのも良いかもしれません。

以上のように写真撮影ひとつでもこれだけのテクニックがあり、工夫すればするほど自分の見た目はより良く魅せていけるものです。
一般的な出会い系だけでなくSM専門の出会いサイトであっても、自分をより良く魅せるスキルは何より大切なのだということをぜひ覚えておいてください。

自分を上手くアピールスキルさえ一度身につけてしまえば、理想的な女王様やマゾ女とも出会いやすくなることを、ぜひとも自分自身で実感してみてほしいと思います。

カテゴリ:SM出会い

タグ:

今、海外のSM文化はどうなっているのか?

そもそもSMという言葉も文化も、日本ではなく海外で生まれたものだと多くの人が知っています。
それゆえに、より深くSMと出会いについて理解を深めるためには、今現在における海外のSM文化について学んでいく必要があります。

今回は日本と違って海外では一体どのようなSM業界が存在するのかについて、いくつか例を挙げながらご紹介していきたいと思います。

とにかくSMイベントが多い

まず実際に海外のSM情報について調べていると分かることは、海外は国内に比べてSMに対する強い情熱を持つ人が多いということです。
さらにそういった賑わいのあるSM業界を表すように、実にさまざまなSMイベントが海外では行われています。

たとえば日本でも一部で行われている、クラブやライブハウス、パーティ会場で行われるSMイベントです。
これらの催しは主に深夜から朝方に行われることが多いようで、暗く大きな会場でさまざまなネオン、証明、スモークに紛れながらSMコスチュームを身につけた人が踊ったり談笑をする光景をよく目にします。

BDSMショー

会場の中央ではプロの調教師がマゾ役の女性や男性を調教していたり、ポールダンスやピアッシングの披露をしていたりするところも日本と海外はほぼ同じです。
ただ、こういったイベントは法律での規制が多い日本国内ではかなり少なくなっており、対して海外ではイベントの数も種類も多くなっています。

野外で楽しめるくらいなりきりできる外国人

特に驚きなのは日本国内では考えられないような、SMを趣旨とした野外イベントまで海外ではよく開催されているところです。
陽のあたる日中に野外で多くのSM衣装を身にまとった男女が集い、鞭や拘束による調教やパフォーマンスを繰り広げている姿は圧巻です。

さらに海外はタトゥーやピアッシングに抵抗を持たない人が多いため、日本人にとっては衝撃的に見えるくらいに派手な刺青や大量のピアスを身につけている男女が多く現れます。
そしてこのてのイベントの参加者は皆明るく本気でSMを楽しんでいるように見えるあたり、日本国内でSMに興味のある人たちから見るととても輝いて見えてしまいます。

また、実際にイベントの様子を見ていると、日本と違っていわゆるポニープレイと呼ばれるプレイを行っている人が多いことにも気付きます。
日本ではあまりポピュラーではないようですが、ポニープレイはその名の通り馬と飼い主になりきるプレイであり、専門的な用語で言えばヒューマン・アニマル・ロールプレイに属するプレイです。

日本ではシチュエーションプレイとよく言われる、こういった本気のなりきりプレイは、どうしても日本人にとっては役を演じることが恥ずかしいように思ってしまうところがあると思います。
しかし海外の人たちは感性が日本人と違っているためか、こういった役を演じるロールプレイに抵抗がなく、思いっきりロールプレイ系のSM調教を楽しめているので羨ましく思います。

コルセット衣装

安全対策はしっかりしています

ここまで海外の人たちのテンションの高さばかりを挙げてきましたが、もちろんただ元気でやる気があるだけでなく、海外のSM業界は安全対策もしっかり整備されています。
たとえば日本ではあまり耳にしない「セーフワード」というシステムが海外のSMプレイでは広く浸透しており、これがなければSMプレイはできないと考える人も多いようです。

セーフワードは言葉通りに訳せば安全な言葉であり、要はSMプレイを中断する際に使う言葉のことです。
このセーフワードを海外ではたとえば「Yellow」や「Red」などと色で表現することが多く、黄色の場合は「続行してもいいけどもう少し優しく」、赤色の場合は「プレイをすぐに中断してほしい」という意味として用いられることが多いようです。

このセーフワードを上手く使えば、たとえ本気でSMプレイを楽しんでいて悲鳴をあげたりしていても、一言Redと言えば、その瞬間にどんな状態であってもすぐにプレイを中断することができます。
こうすることでSM調教の中で調教師側がここまでやっていいのだろうか?などとあれこれ悩む必要がなくなるため便利かつ安全になるのです。

どんな状況でもすぐにプレイを止めることのできるセーフワードのシステムが浸透しているおかげもあって、海外のSM文化は日本国内よりも盛り上がっているのかもしれません。
なにより安全で本気で楽しめる制度、市場が完成されているあたり、日本でSMに関わる人たちはもっと海外のSMについて学ぶべきところが多いのではないかと思います。

日本のSMは発展途上

ここまでご紹介してきた海外SM業界の特徴を鑑みても、やはり日本国内のSM業界はまだまだ発展途上であると言わざるを得ません。
そもそも日本は表現の自由に対して謎の警戒心を持つお国柄もあり、特に海外から奇妙だとか逆に変態的だと揶揄されるくらいに、性表現に対しては規制が多すぎるのです。

そのこともあって日本は独特の性風俗文化を築いてきたという良い点も多々あるのですが、やはりもう少し性に対してオープンに、明るく向き合っていくことも今後必要になるのではないかと思います。
こういった現状もあるからこそ、まずは日本に住む多くの日本人自らが、もう少しSMに対する不安感や差別的な感情をなくして、気軽に楽しくSMに触れていってみてほしいなと私は思います。

カテゴリ:SM出会い

タグ: