[永久保存版]自縛の心得3カ条

自分で自分を縛る自縛行為というものは、SM緊縛文化における最近の最注目株です。

通常は主人が奴隷に、調教師が調教を受ける者に対して行うことが原則の緊縛
これを逆に奴隷自身、調教を受ける者自身が、みずから進んで自力で自分を縛ることが自縛と言われる行為です。

自縛

これを行う理由は人それぞれ違うようですが、基本的には主人への忠誠を表現したり、自分の身をすべて捧げるために行うことが多いようです。
さらに最近は自分ひとりでSとMを兼任して、自己完結型SMを実践するために自縛を行う人も増えているようです。

今回はそのように最近人気急上昇中の自縛プレイというものを実践する際に絶対に知っておきたい心得3カ条を皆さんにお伝えしておきたいと思います。

1・自縛方法はシンプルであれ!

自縛を実際に一人で試してみた人ならすぐに分かるかと思いますが、ぶっちゃけ自分ひとりで自分自身を縛るなんて、ド素人にはかなり難しい、というか無理です。
あれやこれやネット上で緊縛方法を調べてみても、上手く縄が結べない、すぐ縄が外れたり緩んだりする、亀甲縛りなんて夢のまた夢、などという壁にぶち当たるのがありがちです。

こういった問題を解決するために必要なことはまず、自縛と緊縛は根本的に方法が違うということを理解することです。
普通なら誰か自分以外の人にやってもらわなければならないところを、自分ひとりで済ませようとするわけですから、当然のごとく普通の緊縛手法なんて勉強しても何の役にも立ちません。

自縛

だからまず初心者が心得ておくべきことはひとつ、自縛方法はシンプルでなければならないということです。
自分で自分をしっかりと縛りたいなら、背中で手探りで自分を縛るなど複雑で面倒なことをしてはいけません。
あくまで自分の目の前で、たとえ片手であっても丁寧に楽に縛るようにすべきです。

さらに、縄の結び方も出来る限り簡単なもの、丸結びとか、自分が一番やりやすい結び方を用いるべきです。
このようにシンプルに楽に行える手法で自分を縛るということが、自縛を楽しむのはもちろん、他のさまざまな安全対策などにも気を配る余裕を身につけるために必要不可欠であることをよくよく覚えておいてください。

2・自慰行為に活用せよ!

無事に自縛を終えたあとは、その自縛した自分を想像してオナニーしたり女王様に身を捧げたりするといいでしょう。
しかしせっかく苦労して終えた自縛を、自分が今容易に想像できる範囲でだけ楽しむのはあまりにもったいないことです。

たとえば今現在自縛プレイを趣味として日々楽しんでいる自縛の先人たちの多くは、洗濯バサミやヘッドホンを使って、自縛と同時に乳首オナニーや催眠オナニーを楽しんでいます。
身動きが取れないくらいに自分を縛ることができたら、その分乳首への刺激に対処する余裕はなくなり、乳首を刺激する自慰行為はより気持ちよくなるのは当たり前です。

自縛

さらに自縛した状態で催眠系の音楽や音声作品を鑑賞すれば、没入感が強まってオナニーもより気持ちよくなることうけあいです。
もちろん自縛してオナニーするだけではなく、そんなことをしてしまう変態的な自分をしっかりと愛し、いじめ、責めてくれる女王様に出会うことも大切です。

なんであれ自縛という行為を苦労して達成できたのであれば、他のオナニーテクニックや人の繋がりを活用せずに居るのは、とてももったいないことだということをぜひ覚えておいてください。

3・安全対策は徹底せよ!

自縛プレイを行う際に避けては通れない、絶対に気をつけておくべきことの代表といえば、それはやはり安全対策です。
本当はこの安全対策の必要性に関しては長い時間をかけて解説したいくらいであり、これまでに書いた事すべてを忘れてもいいから安全対策だけは徹底すべきというくらいに重要です。

自縛

まず前提として自縛はとても危険な行為であるということを自覚してください。
誰かに緊縛されることは、極論を言えばそれが信頼できる人であれできない人であれ、自分以外の誰かが何かをしてくれる余地がある行為です。
しかし自縛は違います。たとえば一人誰も見ていない場所で自分で自分を縛ってしまったら、もう自分に何かをしてくれる人は居ません。

そんな状況でたとえば自分の首が間違って縄で締め付けられてしまうとどうなるでしょうか?誰がその縄を緩めてくれるのでしょうか? 緩めようとして何かに縄をひっかけてみたとします。それで逆に首が絞まったり、ひっかけたまま外れなくなってパニック状態になったらどうなってしまうのでしょう?

そんな危機的状況なら誰かがそばに居れば助けてくれます。しかし今そこには自分以外誰も居ません。助けを呼ぶ勇気はありますか?全裸で全身緊縛された姿を近所の人に見られていいのでしょうか?
なによりも、こんなばかばかしい状況になるまでもなく、実は自縛オナニーをしようとして一瞬で首を強く締め付けて亡くなったり、目の前のストーブや蝋燭の火に焼かれてしまった人がとても多いのです。

これまで書いたように自縛という行為は少しの偶然や間違いが命に関わる危険なものになる行為だということをまずはよくよく知っておいてもらいたいのです。
そしてこのような危険を確実に回避したいのであれば、自分の性癖を理解してくれる第三者をそばに置いておく必要があることを心得ておいてください。

以上、三つの自縛に関する心得をお伝えしましたがいかがでしたでしょうか?

自縛

どれもとても重要ですが、特に最後の安全対策に関する心得だけは十分に自分の中で理解して覚えておいてください。
そして、できれば自縛は自分ひとりで楽しむのではなく、女王様や調教師とのプレイをより深く刺激的なものにするためにこそ、上手く活用していってほしいと思います。

カテゴリ:SM出会い

タグ:

フェムドムと逆レイプ、或いは女性上位社会の話

SMは調教師とメス奴隷の関係である。
と、無意識に固定観念を持ってしまっている人は居ませんか?

SM初心者の中には思い違いをしている人も多いようですが、何もSMはサドとマゾ、二つの立場さえあれば男女の役割に決まりはありません
ですから当然、SMといえば女王様に虐げられてなんぼだと考える人も多いですし、最近はどちらかというとマゾ男性の方が多い印象さえ受けます。

今や普通になった女性上位のSMですが、このような女性が主人役を務めるSM関係をフェムドムと呼びます。
べつに男女の上下が変わっただけで呼び名を変える必要はないのですが、あえて女性上位のSMをフェムドムと呼んで少し特別扱いするのには、人類の歴史に関わる深い意味合いがあるのです。

男性上位社会におけるフェムドム

もともと人類の長い歴史を紐解いてみると、圧倒的に男性上位社会が多いということがよく分かります。
何千年も前から今までずっと、一部のフェミニストが槍玉に挙げるように、やはり基本的に人間の築く社会は男性上位主義の形態をとっているのです。

ミストレス

このような事実がある中で、SMというプレイが普及した場合、当然主流となるのはサドな男性とマゾな女性の関係です。
しかし、敢えて男性上位社会の中でSMとして女性上位のシチュエーションを作ると、そこに新鮮味や背徳感を強く感じた人が多いのです。

フェムドムと呼ばれる現実とは違うミストレスと海外で呼ばれる、女主人、女王様に使える男の姿。
普段と違って女性に支配、服従させられる悦びは、現代よりずっと男性上位の考え方が多かった時代にはかなり強力な快楽であったようです。

意外と多い逆レイプ事件

フェムドムが男主人と女奴隷の関係よりいかにアブノーマルで刺激的なものとして受け入れられていたかはよく理解できたかと思います。
ここでフェムドムから派生した話として、SMプレイの中でもよく行われる逆レイプという行為についての話です。

逆レイプ

ペニスバンドを股間に装着した女性に男性のアナルが犯されたり、女性によってセルフイラマチオや手コキ制裁などで強制射精させられることこそが逆レイプです。
このような行為は通常ほとんどの人はSMプレイの一環として行うものですが、実際は本物のレイプと同じように、逆レイプというものも世界中でよく行われているそうです。

たとえば逆レイプという行為を宗教的、社会的儀式として慣習的に行っている地域が、アフリカやインドネシアにはあるそうです。
女性十数人に取り押さえられた男性がペニスの感覚がおかしくなるまで、呪いを解いたりするために逆レイプされるなんてことがまだこの世界にはあるのだそうです。

逆レイプは強姦罪にあらず!?

しかも一番の驚きは日本国内における逆レイプの定義であり、なんと日本の憲法上は逆レイプは強姦罪に当たらないとされているのです。
よってたとえば明らかに男性が一方的にレイプされたような状況でも、判例としては強姦罪より刑の軽い強制わいせつ罪どまりになることが多いそうです。

なんとも男女平等の理念からかけ離れた考え方のように思われますが、実際のところ性に関わる諸問題は男性が主体となった暴力がこれまで多かったからこそ存在する奇妙な法整備と言えそうです。

男性被害

なおこのような実に微妙な法律が日本にあるように、海外でも逆レイプの疑いがある事件が発生するたびに、さまざまな議論や憶測、混乱が発生しているそうです。
たとえばガールフレンドと飲酒していた最中に女性ではなく男性側が女性に無理やりフェラチオをされた事件だとか、エイズに感染した女性が集団で男性を襲った事件など、実にいろいろな事件が海外では起こっています。

フェムドムや逆レイプといったプレイは今やSMプレイの中でもかなり人気の高いものですが、実は女性上位のプレイには深い意義や成り立ち、問題などが隠れていることを知っておいてほしいと思います。
そしていつか現実社会自体が完全に男女平等が当たり前になって、逆レイプやフェムドムが至って普通の事象として捉えられる日も近いのではないかと思います。

カテゴリ:SM出会い

タグ:

2016年現在におけるSMクラブの実態とは?

最近某国会議員が税金で利用していたことが発覚して問題になったSMクラブという名のお店。名前はよく聞くけれど、実際それがどんなものなのか理解していない人も多いようです。

そこで今回はなかなか日常生活では知ることができないSMクラブの実態や特徴をご紹介したいと思います。実際のところお店で受けられるサービスというのはどの程度のものなのか、一度確認しておくといいでしょう。

普通の風俗に毛が生えた感じ

SMクラブと聞くといかにもSMプレイを極めているお店のように聴こえますが、実際はそこまでディープなものではありません。基本的には単なる普通の風俗店として扱われており、風俗でよくあるプレイにSM要素を継ぎ足したようなお店が多いです。

たとえば痴女主導のM性感マッサージだったり、ゴム付きでアナルプレイを楽しめたりするお店がよくあります。もう少しこだわったところだと格闘プレイやキャットファイト観戦などが楽しめるお店まであります。

SMクラブ

格闘プレイや咀嚼プレイ、スカトロプレイとまでなるとなかなかにディープなプレイで良いなぁと思えそうです。しかし実際に利用してみると分かりますが、やはりお店のサービスだけあってそれほど過激なことまではできないのが実情です。

たとえばデリヘルM嬢が身動きできないように全身緊縛した上で暴言を吐きながらアナルに突っ込んだりは難しいでしょう。個人的な出会いと付き合いの延長線上で楽しむSM調教と違って、やはり店員と客の関係を超えることができない点は、過激な調教をしたい人には強い不満を覚えるところでしょう。

コスチュームとアイテムは充実してます

このようにあまり過激なプレイができなくて真剣な人ほど不満が多いSMクラブですが、唯一これは良いなと思える点があります。それはお店が用意してくれるコスチュームやアイテムの品揃えであり、SM初心者で何も自前の調教道具を持っていない人でも気軽に調教アイテムが利用できる点です。

SM調教道具

ほとんどのお店ではオプション扱いで別途有料の手数料が必要になりますが、やはりSMクラブは風俗店だけあってレンタルできるアイテムがかなり充実してます。たとえば首輪や縄やピンクローターやエネマグラなど、基本的な調教道具だけでなく、JK風の制服やナースの衣装、エロ下着などかなり充実しています。

これらのレンタルサービスを上手く活用すれば、個人的にSMプレイを行うよりも気軽に色々な調教方法を楽しめるので面白いかもしれません。ただアイテムを借りるお金だけでなくプレイを行う権利もお金で購入、支払いしなければならないのでコストパフォーマンスはそこまで良くはないでしょう。

プレイによっては審査あり

ここでSMクラブが持つ一番のデメリットを紹介すると、それはやはりプレイによっては審査が必要ということでしょう。たとえば格闘プレイを行う場合は身分証明書のコピーや契約書への記入が必要といった場合がとても多いです。

さらに全身緊縛や拷問プレイなどは高い確率でどこのSM専門店も禁止しています。やはり風俗嬢はあくまで風俗嬢であるため、その安全をより完璧なものにするためには客側にある程度制限や審査が必要になるということでしょう。

こういった安全の確保に考慮したシステムはお店の経営としては間違っていませんが、そのせいでプレイがしらけたり興味が湧きづらくなったりすることは多いと思います。性交渉の自由なかたちを体現するようなSM調教に、仕方ないとはいえ強力な制限がかかるというのはなんとも皮肉な話です。

SM審査

以上のようにSMクラブは良い意味でも悪い意味でも風俗店であることに変わりはない、ということをよくよく覚えておくべきでしょう。高いお金を払ってでも気楽に本格SMっぽいプレイを楽しみたいという人には便利かもしれません。

ただ、より本格的で長く持続できるSM調教、SMパートナーとの関係作りを味わってみたいのであれば、専門の出会いサイトを使うなどしてSM関係を築くしかないと思います。原則としてSMプレイは個人と個人が同意の上で、制限なしで自由に楽しんだ方が面白いというのは間違いない点であると思います。

カテゴリ:SM出会い

タグ:

SM出会い式性病対策まとめ

SMプレイというのは他のあらゆるアダルトな遊びの中でも特に危険で繊細なものであることは多くの人が理解しているところだと思います。しかし実際にそんなディープな世界を体験しているにも関わらず、あまりにも性病に対する予防策が疎かな人が多すぎるのは考えものです。

普通のセックスよりも遥かに過激で変態的なSM調教だからこそ、まずはプレイの数々で特に気をつけておきたい性病予防について学んでおきましょう。今回はありがちなSMプレイによる性病感染や、その予防策について分かりやすく解説していきたいと思います。

性病予防

一番人気で一番危険なAF

AFことアナルファック、アナルセックスは、特にこれに初めて挑戦する男女は必ずその危険性と予防策を理解しておかなければなりません。

まず第一に肛門、アヌスという排泄器官に性器を挿入することは、つまるところ病原菌まみれの中に自分の内臓を突っ込むような行為であることを自覚してください。といってももちろんしっかりと前準備をした上でのアナルセックスはそれほど危険ではなく、つまるところはAFの大前提であるところの腸内洗浄の重要性についてもっと理解してほしいのです。

腸内に溜まった便を浣腸や下剤でほぼすべて排出しておくことはもちろんですが、さらに何度も何度もアヌスから洗浄液を注入して吐き出すという行為がやはり必要です。ポピュラーな方法ではたとえば市販のイチジク浣腸を何度も何度も注入しては吐き出して洗浄するという方法があります。

シャワー

また、トイレのシャワーやお風呂場でのシャワー浣腸によって洗浄するというのも確実です。もちろんシャワートイレを活用する場合はシャワーヘッドの形状や清潔度、バスルームのシャワーを使う場合は水量や水の勢いに十分注意して行うことが大切であることを覚えておいてください。

そして二つめに、アナルファックを行う際は無理のあるピストン挿入などは極力やめておくことが大切です。これは腸壁はとてもデリケートなものであり、傷がつくとすぐに出血して感染症にかかりやすくなるためです。

あくまでアナルセックスというものは普通のセックスよりもかなり特殊で繊細な注意が必要であることを覚えておいてください。しっかりと準備と心構えさえ持っておけば、アヌスを使ったセックスほど気持ちいいものは他にないため、よくよく気をつけてぜひ挑戦してみてもらいたいと思います。

コンドーム装着は基本中の基本

ある有名AV男優は初めてセックスする女を相手する時にコンドームを着けない奴は社会人として失格であると怒っていました。このように避妊具、ゴムの装着は普通のセックスにおいてはまず第一に必要不可欠なものであることを今一度理解しておきましょう。

ゴム

コンドームは単に避妊具であるだけでなく、性病の原因となる細菌やウイルスから自分の尿道を守り、体内に侵入することを防ぐ働きがあります。ゴムの中には精子の動きだけでなく各種性病の元となる菌の動きを封じ込めるような働きをする液体が付いているものもあるため、こういった種類のゴムを活用するのもひとつの手でしょう。

なおコンドームは装着していてもプレイ中に外れてしまうことも多いため、サイズには十分気をつけておかなければなりません。特に手コキや陰茎拷問、過激な緊縛やアナルセックスが当たり前のSMプレイでは、まったく気付かないうちにコンドームが外れていたなんてことがよくあるため注意が必要です。

事前確認は何より重要

SM調教は特殊なプレイゆえにお互いの調教に対する意思確認、合意確認がとても大切なのはすでに皆さんよく知っていると思います。しかし必要だけどなかなか躊躇してできないと考えてしまいがちなのが相手への性病の有無確認です。

マトモな神経を持っている人は自分が性病であることを隠して他人とセックスしようなどとは思いませんが、世の中は広いもので、性病が相手に移ることを分かった上でセックスをする悪意ある者も残念ながら居るものです。だからこそそんな迷惑極まりない人物と肉体関係を持たないようにするために、必ず性交渉をする予定の誰かと出会ったときは性病の有無確認はすべきです。

事前確認

もしも性病の話をして話をやたらと逸らそうとしたら、できればその場で身体の関係は持たないと判断すべきでしょう。 また、性病検査のやり方なんて知らないといったようなことを話す人も世間知らずでは済まされないため、基本的にはSMプレイを楽しむ相手ではないと判断すべきです。

性病の有無は自分でもまったく自覚がない人と性交渉をすることで感染することがありがちです。だからこそ、相手がどういった人物であろうともお互いにしつこいくらいに性病予防の話は必ずしておくべきと言えます。

性病は数十年前のように梅毒や淋病といった種類はその危険性が低くなったとは確かに言われています。しかし今もなお不治の病であるエイズといった病気や、薬に対して耐性を持った性病も増えているため十分な注意が必要です。

SMに関する出会いだけでなく性病対策はアダルトな出会いに関する人一人ひとりが必ず実践していかなければならないことです。自分だけは大丈夫などと根拠のない自信を持つのではなく、自分はここまで徹底して性病対策しているぞと胸を張って言えるくらいの注意を心がけてほしいと思います。

カテゴリ:SM出会い

タグ: