踏みつけや顔面騎乗を120%楽しむ自縛方法

女性を主人としてそれに奉仕する生活を好む人は、一般的にマゾ男子と呼ばれています。
特に顔面騎乗でクンニリングスをするといった性的な奉仕、女王様の足で陰茎を踏みつけにされるといった性的虐待を好む男性は変態ドM男と呼ばれます。

このての変態ドM男子はSMサイトに居るようなサディストに服従することが多いのですが、服従する際には自分で自分を縛って差し出すことが多いのです。
一般人は緊縛なんて女王様にしてもらえばいいじゃないかと考えがちですが、実際にドM奴隷として女王様にお仕えする人の多くは、奴隷の緊縛は自分でした方が良いと主張します。

M男自縛

なぜなら自分で自分を縛る自縛行為というものは、ただ縛られて気持ち良いというだけでなく、自分の今の立場を女王様に示す効果的な方法になるからです。
偉そうに振る舞い鞭を振るうような女性に手も足も出ず、ただ芋虫のように土下座して縮こまる自分の姿を想像し、そのシチュエーションに興奮してしまう男性こそがドM男子だと言えるのです。

今回はそんな本物のマゾ男だからこそ理解できる効果的な自縛方法と、自縛した身体に効果的な責めについて詳しく書いていきたいと思います。

後手緊縛で踏みつけを楽しむ

後ろにまわした腕に縄を巻き、まったく手が出せない状態で居ると、人の身体は想像以上に前方の防御がしづらくなります。 これを利用して後ろ手緊縛に正座をも行わせると、ペニスの踏みつけ調教がとても進みやすくなってくれます。
正座による足の痛みや緊縛特有の刺激を長く感じていると、縄酔いと呼ばれる特殊なオルガズムを味わえるようになるのです。

女王様調教

さらに人によっては女王様から陰茎踏み付け調教を受けている間に、いわゆるトコロテン射精と呼ばれるような、手コキを用いないでゆっくりとした射精をしてしまう場合があります。
こういったイキ方は男性一人の努力では叶えられないことが多く、通常の自慰行為よりもとても強い快楽を長く味わえたりするものです。

見た目としても女王様に一方的に調教されている姿を表現しやすいため、SM緊縛初心者の男性に特におすすめしたい調教方法だと言えます。

自縛と顔面騎乗で呼吸管理

自縛というものは自分の全身に及ぶものでは一切の行動がとれないようになります。
これはまさに言葉通りにまったく行動不可というものであり、緊縛技術が高い人の場合は自分で自分の指ひとつ動かせないようにまで自縛できるようです。

そしてこの自縛状態で顔面騎乗を受けるというプレイがドM男子の間では常に人気があり、実際にまったく身動きできない状態で顔を上向きに寝た状態で、そのまま女王様から強制顔面騎乗されるM男が多いのです。
このようなプレイは顔面騎乗によって、鼻と口から息が出来ずに窒息寸前まで追い詰められ、結果的に女王様に射精管理どころか呼吸管理までお願いすることになる調教です。

人間は酸素がなければ呼吸困難で命に危険が及ぶのは当然ですから、女王様に悪戯されて何度も鼻と口をおまんこで塞がれてしまうと、その分呼吸に必死になるものです。
普通はこのような緊迫した状況は苦痛以外のなにものでもないのですが、実際受けてみるとマゾ男の場合はこの必死な状況、危機的な状況に逆に強く興奮してしまうのです。

顔面騎乗

人によってはこのような呼吸管理拷問調教だけで睾丸と精巣が空になるまで精液搾取されてしまう人も居るのだから、自縛と顔面騎乗の組み合わせはなかなかのものだと思います。
以上のようにマゾ男が受ける顔面騎乗や踏みつけといった調教は、自縛をした上で味わうとまた一段と刺激的なプレイに変化してくれるものです。

このほかにもアナル拡張や前立腺開発によって男をメス化、メスイキさせるために、自縛は性感を高めるために十分な働きをしてくれます。
女王様から過激なSM調教を受ける際には、自縛方法を極めて自分で自分の性感をより強力なものにできないか、一度いろいろな縛り方で試してみてほしいと思います。

カテゴリ:SM出会い

タグ:

SMで男がメス化する方法ベスト3

SM業界で近ごろ特に人気があるのはメスイキ、及び男のメス化です。
これは男性の性感帯を拡張して、男性の何倍も強いといわれている女性の性的快楽を男性の身体でも味わおうとする調教です。

最近のSM専門サイトではこのての調教を受けて身体も心も女性化してしまい、最終的には一般女性以上の快楽を味わう人まで存在します。
今回はこの人気急上昇中の男のメス化を実現する方法ベスト3をご紹介したいと思います。

第3位:女装

何事も形から入るというのはありきたりながら効果的な方法です。
つまるところ女性のように強力な性感を味わいたいのであれば、まずは見た目だけでも女性に近づいてみるべきだということです。

女装子

奇しくもここ数年はLGBTやセクシャルマイノリティに対する理解が日本国内でも浸透してきています。
おかげで女装のためのコスチュームやグッズ、メイクアイテムなどはかなり入手しやすくなっています。

アダルトショップのみならず、100均やドラッグストアでも女装に役立つアイテムが手に入りやすいので便利な時代になりました。
身体をあれこれ弄るメス化テクニックに抵抗がある男性は、ひとまず女装から始めてみると良いでしょう。

第2位:自縛

意外に思われるかもしれませんが、自縛は実は男の身体、性感帯を女性のように敏感にさせるのに効果的です。

自縛行為

まず縄が身体に食い込むというのは、肌の神経を程よく刺激してくれて、普段とは違った感触を身体に与えてくれます。
上手くいけば縄酔いと呼ばれる緊縛特有のえもいわれぬ快楽まで感じることができて、この快楽が転じてメスアクメなどに変換される場合があるのです。

さらにただの緊縛ではなく自分ひとりで行う自縛によって、自分自身から男性的な、攻めの意識を奪うというのも効果が大きいものです。
あくまで自分は責められる側、自由など与えられずに強制的に快楽を与えられる立場としての自覚が、自縛によって生まれるのです。

まったくの素人がいきなり一人で自縛調教を実現することは難しいため、できれば自縛も含めたメス化調教を、まずはSMサイトに居るような女王様から受けてみることをおすすめします。

第1位:アナル開発

やはりなんといっても男のメス化のためにはアナル開発調教が一番効果的です。
なにせ男性のアナル奥深くには、女性すら持っていない神秘の器官であるところの、大きな前立腺というものがあるからです。

ペニスバンド女王様

実際は前立腺に近いものは女性の身体にもありますが、男性ほど敏感で刺激することによってとてつもない快楽を味わえるものはありません。
まずはアナルプラグやエネマグラを使ってアナル拡張を行い、アヌスにかんたんに指が二、三本入るようになれば、あとはエネマグラやペニスバンドを使って前立腺を刺激するだけでOKです。

エネマグラで一度でも前立腺を刺激されて味わう快楽に気付くことができれば、その後はペニスバンドを装着した女王様にアナルファックされることで、高い確率で男性はメスイキ可能とされています。
特にマゾ男としての性癖を若い頃から持っているような人は、自分が女性に犯されているというシチュエーションに興奮することで、強い被虐感をも味わうことができてすぐにメス化してしまうとされています。

アナル開発について実に多くのアマチュア研究者がネット上で見つかることの理由は、やはり男が女性化するのに一番うってつけの方法だからと言えるでしょう。
本気で自分の身体を女性化させたいのであれば、アナル開発という方法は一度は実践してみたい方法だと思います。

本物の女性から教わるべし

女王様の調教

以上三つの男がメス化する方法をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?
間違いなく言えることは男のメス化は一人だけではほとんど実現できないこと、本物の女性に調教されることで女性化は効率良く進行するということですね。

自分の身体を本気でメス化させてみたい。というより女性になりたい。
そこまでの強い気持ち、願望がある人は、一度SMサイトで女王様からメス化調教を受けてみてはいかがでしょうか。

カテゴリ:SM出会い

タグ:

逆レイプで男がメス化するフェムドム時代の幕開け

つい先日もある学校の女性教師が、教え子である男子生徒に性的虐待を加えた容疑で取調べを受けるという事件がありましたね。
日本国内のこういった女性による男性への性的虐待事件はあまりニュースでも取り上げられず、しかも犯行とされる行為はソフトなものが多いです。

しかしこと外国に眼を向けてみると、以外にも女性が男性をで激しく逆レイプしたという事件はいろいろなところで目にします。
しかもこういった逆レイプはしばしば男性に新たな性癖を与えてしまい、男をメス化してしまう事態にも至る事が多いそうです。

世界フェムドム化現象進行中

こういった世界各国の現状を鑑みるに、今の時代は性生活における女性上位社会、フェムドムの世界がやって来ようとしているのではないかと思います。
男が女性化して女が男性化し、男が叙した姿で強制逆レイプの上でメスイキさせられ続ける世界というのは、ほとんどの男性にとっては恐怖そのものですが、ドMな男子たちにとってはむしろ救いや希望、悦びになります。

フェムドム女王

実は私自身がかなりのマゾ男であり、これまで何度もいろんな女性の尻に敷かれてきた男です。
マゾな性癖はより深刻に真剣になると、次第によりハードなSM調教でしか悦びを感じることが難しくなるものです。
私は今現在では一人のフェムドム女王様だけに専門でお仕えしており、日々突然の逆レイプ調教にも耐え抜いていけるように努力しています。

女王様が用意した情け無用に大きなペニスバンドで自分のケツマンコを犯されて、なかば強制的にメス化させられてイキ続けるのはとてもたまらない体験です。
たとえアナル開発はまったくの未経験でも、今時は男のアナルと前立腺を上手く刺激できる女性が多くなっているため、その内の一人に含まれる女王様に調教され続けた私は今では立派なメス化変態マゾです。

逆レイプ

この今の世の中に男をメスイキさせるだけの実力、男を屈服させて逆レイプで支配できるくらいの力を持ったフェムドム女性が多くなっているという状況が本当に恐るべきことだと思います。
政治的な面や雇用的な意味以前に、日本国内のみならず全世界の男が女性に犯されて支配され、それを男自身が悦んでしまう時代がもうすぐそこにまで近づいているのです。

服従するか?逃亡するか?

旧来の凝り固まった逞しい男としての在り方みたいなものに固執する人でもなければ、これから男性がより女性化していくのは止める事ができない流れだと私は考えています。
自分の性癖や体感し得る快楽に対して正直になるのか、それとも男はあくまで男として生きるという固定観念に囚われ続けるのか。

人それぞれ選ぶ道は違うとは思いますが、今の時代は確実にフェムドム時代、逆レイプで味わう男の新たな快楽の時代がやって来ていると思いますので、そのてのマゾ快楽に興味がある男性は、一度本気で女王様との出会いを求めて行動してみてほしいと思います。

カテゴリ:SM出会い

タグ:

引くほどハードなSMプレイの方法とは

男性であるあなたが誰かに襲われたときに身を守る瞬間、とっさにかばう身体の部位はどこでしょうか?

ほとんどの人は男女問わず恐らく頭をかばい、に危害が加わって悪影響が出ないようにするでしょう。
そして男性であれば金的を狙われないように下半身を守るだろうと思います。

つまるところ人の身体というものは絶対に守るべき部位というものが身体に存在するわけです。
ですから、ここに拷問を加えたりして人の生殖活動や生命活動を弄ぶのはまさに鬼畜の所業です。

ハードSM

しかしそんな血も涙もない行いをむしろ進んで行い、かんたんには味わえない強力な快楽を感じさせるのがハードSMの世界です。
この世界ではたとえば首を絞めて呼吸管理SMをしたり、男性器に医療器具をぶち込んで尿道拡張を行う文化があるのです。

この呼吸管理SM調教と前立腺ブジー挿入というプレイはハードSMの中でも特に強力なプレイとして知られています。
今回はこれら二つの調教がいかに強力な快楽をもたらすか、一見すると引くほどハードなのかをお教えしたいと思います。

そこを絞めるなんてとんでもない!

首を絞めて気管を塞ぎ、窒息寸前のギリギリまで相手を追い詰めて性感を与えるプレイが呼吸管理SMです。
一般人にとっては危険極まりないし何の意味があるんだと考えてしまうようなプレイですが、実際このプレイは危険であるという点はその認識で合っています。

しかし危険な分ドMな人にとって窒息SMはとてつもなく刺激的な調教であり、窒息のおかげで意識が遠のく独特の感覚に魅了される人が多いのです。
一時期海外の若者の間で流行った失神ゲームに近い、とても危険なプレイを自己責任で本気で楽しんでいる人が実在するというのは興味深いものです。

首絞めプレイ

しかしこのハードSMプレイの一種はとても危険な行いであり、よっぽどの安全対策とSM調教経験がなければ絶対にしてはいけないことだということは覚えておいてください。
たとえ本気で安全対策完備の上で行うとしても、首絞めプレイは呼吸管理SMとして超上級者向けであるため、せめて自分で意識的に呼吸を止めてみる程度のプレイにしておいた方が良いでしょう。

人の生命活動に必要不可欠な気道を塞ぐということは、ハードSMプレイの中でも究極的にイカレた調教方法なのだということを覚えておいてください。

身体はどこでも拡張可能です…

拡張という言葉はSMでよく耳にしますが、これはほとんどの場合アナル拡張プレイのことを指します。
肛門をより大きく拡げた上でそこに大きなアナルプラグやペニスバンドを挿入し、腸壁や前立腺でドライオルガズムを感じるといったことが今時はよくあるプレイだとさえ言われています。

ですから拡張というのは基本的にはアナル拡張を指す場合が多いのですが、実は人間の身体は拡張できる部分が多く、たとえば尿道拡張という調教も最近は流行の兆しがあります。
尿道拡張という言葉を初めて聞いた人は、特に男性であればかなり抵抗感というか恐怖を感じるのではないでしょうか。

尿道ブジー

ただでさえ蹴られたり殴られたりすると吐き気や眩暈に襲われるデリケートなペニスを、その中身の尿道にまで異物を挿入して拡張しようというのだからかなり狂っていると思えます。
しかしこれがまた不思議なもので、人間はやろうと思えば尿道拡張は可能であり、実際にペニスに尿道ブジーを挿入して拡張プレイを行っている人がかなりの数存在します。

実際に尿道拡張を受けている人いわく、ペニスという大切な部分を中身から責められる快楽が、ドMな男性にとってはたまらないものなのだそうです。
さらに射精の時に誰もが感じる精液やカウパー腺液が尿道を走る感覚が、何度も意図的に味わえると言う人もたくさん居ます。

より尿道拡張にこだわりを持った人は尿道にヒルや小魚のような生物を挿入する猛者も居るそうで、想像するだけで恐怖を感じる男性が多いと思います。
しかし尿道の奥底には実はアナルと同じく前立腺を効果的に刺激する箇所があるとも言われており、最近の尿道拡張の人気は頷けなくもないのです。

未知の快感を求めて挑戦してみるのもあり?

新たな世界

以上、呼吸管理と尿道拡張の世界について解説しましたがいかがでしたでしょうか?
通常のモラルや知識では予想もできないような方法で快楽を求めることは、誰もが抵抗感を持つことの多い困難極まる行為のように思えます。

しかし実際やってみるとズブズブとそのての過激な調教や性器開発に魅了されていく人が多いのもまた事実。
本気で自分がこれまで体験したことがないような強力な快楽を味わっていきたいという人は、まずはSMパートナーを探し、一度人生を変える目的で本格的なSM調教を受けてみると良いでしょう。

カテゴリ:SM出会い

タグ: