浣腸SMでアナルを性器改造する方法

男のアナルは開発することでペニス以上に感じられる優れた性器に変化してくれます。
特に浣腸SMプレイを続けることで性器改造する方法は、アナル拡張における初歩の初歩だと言えるでしょう。

では浣腸SM調教とは具体的にどのように行えば良いのかというと、それにはまず自分にぴったりの浣腸方法を検討することが大切です。
たとえば浣腸にはスタンダードな浣腸液の注入やシャワー浣腸、ウォシュレット浣腸といった種類があります。

浣腸種類

一般の人が浣腸という言葉を聞いてまず最初に思い浮かべるのは、イチジク浣腸などの市販品を使った浣腸液の注入でしょう。
こういった浣腸行為は医療的な側面でも実にスタンダードな方法ですが、実はアナル開発のためにはあまり役立たない部分もあります。

なぜならまず浣腸液を使うにはイチジク浣腸などの商品を購入する必要があり、費用面での負担が大きいということがあります。
加えて市販の浣腸液は少量で高品質なものが多いので、硬い便を排泄するのには便利ですが、直腸をとにかく綺麗に洗浄するという意図では利用しづらいものです。

そこで実際にアナル拡張を続けている人たちの間で人気が高いものが、シャワー浣腸やウォシュレット浣腸になります。
これはどちらも水を大量にアヌスに注入していく方法であり、単にバスルームで行うかトイレで行うかの違い程度しかありません。

浣腸種類

このての水をたくさん使った浣腸は無駄な費用がかからず、水道代やガス代だけで済むのでアナル開発者には特におすすめです。
方法としても単にシャワーの水をアヌスに向けて放出しながら、大便を出す感覚で肛門を開いたり閉じたりするだけなのでお手軽です。

ある程度慣れなければ上手く洗浄できない場合がありますが、一度慣れてしまうと直腸洗浄はかんたんになります。
しかも重要なのはこの浣腸方法は、そのままアナルや前立腺に刺激を与えるためにも役立つという点なのです。

特にバスルームでのシャワー浣腸では、玄人にまでなると、小さなシャワーヘッドをアヌスに半分入れてしまい、そのままペニスはオナホールで刺激するといったプレイも行います。
これを行うとアナルは種付けファックを受けた時と同じように熱い感覚が味わえる上に、腸内放尿を受けた時のように前立腺に心地よい圧迫感を味わうことができるのです。

浣腸SM調教

実際SMサイトに居るような女王様からそのようなシャワー浣腸SM調教を受け続け、最終的にオナホなしでもトコロテン射精やメスイキを感じられるようになったという男性も多数居るのです。

アナル調教未経験の人やSM初心者にはにわかに信じられないことかもしれませんが、浣腸の実践一つでメスイキを味わうことができる人も多く居るものです。
だから自分の身体をメス化したりより強力なドライオーガズム、メスイキなどを感じてみたいという男性は、一度SM女王様から浣腸SM調教を受けてアナル開発を実践してみてほしいと思います。

カテゴリ:SM出会い

タグ:

メスイキのためにPC筋を鍛える方法

PC筋という言葉を聞いたことはありますか?
これは筋肉の名前であり、男性の恥骨から尾骨にかけて伸びている筋肉を指します。

別名「恥骨尾骨筋」とも呼ぶこの筋肉は実は、男性がメスイキするためにとても重要な組織なのです。
なぜかというとこのPC筋は、ペニスやその周辺の器官を上手く動かすための役割を持つ筋肉だからです。

PC筋の位置

たとえばおしっこをしたり排便したりするのにPC筋は普通に利用されます。
さらに射精のみならず、たとえばエネマグラを肛門から前立腺まで吸い込んでいくためにも必要な筋肉なのです。

だからこのPC筋を鍛えることで得られる効果は実にさまざまで、性生活向上にかなり有効です。
たとえば勃起の持続力を高める、射精時間を長くする、肛門の引き締め力を高めるといった効果が期待できます。

こんなにすごいぞPC筋!

特に最後のアヌスを引き締める力が上がるというのは、アナルセックスやアナニーのクオリティアップに絶大な効果を発揮します。
たとえば自分でアナルに突っ込んだアナルプラグを、より強い力でアナルで引き締めたり、前立腺に強く刺激を与えたりできるようになるわけです。

さらにもちろんペニスもすぐに勃起して長く堅いままをキープできるので、トコロテンはもちろん、メスイキやドライオーガズムもより強力なかたちで味わえるようになるわけです。

筋肉トレーニング

以上のようにPC筋を鍛えるメリットは実はかなり大きなものであり、今すぐにPC筋のトレーニングを始めたいと考えた人が多いことでしょう。
そんな性的な意味での自分磨きに熱心な人にお教えするただ一つのPC筋トレテクニック、それは「肛門を絞める」というものです。

すでにアナルオナニーをしている人のみならず、普通に排便ができる人でも大体感覚的に理解できる肛門を絞めるという行為。
これを何も道具を使わずにただ思いついたときに何度も繰り返していれば、自然にPC筋は鍛えられていくと言われています。

実に単純明快で誰でもできるPC筋の鍛え方ですが、実際これは続けてみると大変だったりします。
まずお腹や腰、太もも、ヒップ全体の筋肉を意外と使うものなので、慣れないうちは疲れやすいかもしれません。

ただ無理をせずたまにアナルを絞めることを意識してトレーニングを続けると、次第にPC筋を上手くコントロールできるようになります。
そうすれば実際アナルプラグをアヌスで吸い込む力、吸引力が上がったり、前立腺やペニスの感度も向上していくのです。

今すぐ鍛えてみる価値あり!

このPC筋トレは性欲増強や性生活のマンネリ解消、ED治療やセックスレスの解消にもとてもよく役立つとされています。
自分一人だけでなく自分を射精管理やアナルファックしてくれる女性と共にこのトレーニングを続ければ、より刺激的で気持ち良いセックスライフが楽しめると思います。

PC筋の鍛え方を今すぐ習得して実践し、かんたんにメスイキできる身体を手に入れる方法をぜひマスターしてください。

カテゴリ:SM出会い

タグ:

性的倒錯の治療方法まとめ

性的倒錯は単なる特殊性癖、フェチといったものを悪い意味で越えた精神疾患のひとつです。
普通の性癖と違ってそれが原因で日常的に苦痛や障害、さらに社会的なマナー違反行為をしてしまう場合にのみ性的倒錯という病が適用されます。

この病は精神疾患のひとつに分類されるわけですから、当然ですが専門の医療機関で治療が必要になるものです。
たとえば性的倒錯の治療は性暴力やその被害者をケアするための医療センターでよく行われます。

薬を使う方法と使わない方法

実際の治療法としては薬物療法が多く、特にアメリカでは筋肉注射やホルモン剤を使うことが多いようです。
しかしそれに対して身体に負担をかけない心理療法を実践する場合も多々あります。

心理面で性的倒錯を乗り越えようとする場合は、よく認知行動療法というものが行われます。
これはうつ病や社会不安障害などの治療にも役立つと有名な治療方法です。

前立腺の構造

この治療法の優れたところは何といっても薬物を極力用いないところと、人格障害など人の生活の根本となる部分の障害にも効果があるとされている部分です。
そのため長い時間をかけてじっくりと認知行動療法を医師の指導の下で続けていけば、性的倒錯による社会的、心理的な被害は徐々に少なくしていくことが可能と考えられます。

障害でなければ楽しむが吉

冒頭に書いたように性的倒錯はフェティッシュなど、単なる変わった性癖と違って実害が生まれる類のものを指します。
そのため、変わった性癖ゆえに悩みが絶えない、周りに迷惑をかけてしまっているという人以外は認知行動療法などの治療も特に必要ありません。

前立腺の構造

単に自分の変わった性癖を認めてくれる人と出会いたい、もっと欲求を上手く解消したいという人は、一度フェチ系の出会いサイトでセフレ探しなどを試してみると良いでしょう。
社会や自分自身に実害を与えるようなことが一切ない、いわゆる健全な特殊性愛者の方々は、医療機関ではなく特殊な出会いの場所を活用していけば良いということもぜひ覚えておいてください。

カテゴリ:SM出会い

タグ:

メス化に使える前立腺の仕組みを学ぼう

近ごろSM調教業界でもっとも注目されているのが男のメス化調教です。
男の肉体を強制的に感じさせるのが得意な女王様の調教を受ければ、ほとんどの男性がメスイキやドライオーガズムを味わえるようになるものです。

しかし実際に調教を受けて楽しめば楽しむほど、または自分一人でアナニーに励んでいくほどに、男性が持っている前立腺という器官を不思議に思うようになるものです。
そこで今回はおそらく多くの人がほとんどその実態を理解していないであろう前立腺の仕組みについて分かりやすく解説していこうと思います。

形状と位置

まず前立腺とはどのような形をしているのかというと、これはちょうどクルミほどの大きさで、栗を逆さにしたような形状をしています。
さらに位置としては睾丸の真上、尿道の奥深く、直腸の先あたりにあるものです。

いわゆるアナルセックスやアナニーで直腸にエネマグラやペニスバンドを突っ込むのは、直腸を犯せばかんたんに前立腺の裏側を刺激できるからです。
また、尿道拡張によって前立腺を刺激できるというのも、亀頭から尿道を通れば前立腺を上手く刺激できるからなのです。

前立腺の位置

ここでひとつ意外な事実として知っておいてもらいたいのは、実は前立腺とは、その中身を尿道と射精管が通っているということです。
多くの人は前立腺は尿道の外側にある独立した器官と考えているようですが、実際は尿道など射精に深く関わる器官を包んでいる存在であり、射精や男性が感じるオーガズムにとってとても重要な器官となっているのです。

射精のほぼ全てに関わる器官

実際のところ前立腺は精子に栄養を与えたり守ったりするための前立腺液を分泌している部位であり、しかも前立腺液は射精によって噴き出す精液の大部分を占めているのです。
つまりハッキリ言ってしまえば、前立腺とは睾丸や陰茎よりも、射精の快楽を司るより根源的な意味で重要な器官であると言えるのです。

ですから、この前立腺を刺激するためにアナル拡張や尿道拡張を行う人が多いのは、性的快楽を求める上で実に当たり前の話であり、まったく異常なことではないのです。
特に尿道開発や尿道責めはアナルセックスよりも特殊なプレイと思われがちですが、実際は前立腺を中身から刺激できるという意味ではアナル開発と同等、又はそれ以上に気持ち良いプレイだと言えるわけです。

前立腺の構造

今回の解説を聞いていかがでしたでしょうか?
前立腺という言葉を聞いて浮かぶイメージが激変した人も少なくないのではないでしょうか。

アナルや尿道の開発、それらによって実現できる前立腺への直接的な刺激は、男の性生活すべてを激変させるくらいの大きな衝撃を与えてくれるものです。
このようなマニアックなプレイに興味があるけど不安もあるという初心者や素人さんは、一度SMサイトなどで出会える女王様に責めと開発をお願いしてみるのもありかもしれません。

カテゴリ:SM出会い

タグ: