マゾヒストの心理学②「マゾが抱えるプライドと解放」

前回の自罰説以外に有力な説の一つに、精神的な意味での解放を求めているのがマゾではないか?という説があります。
これは自らひどい仕打ちを受け、自分自身を痛めつけることによって、人としてのプライドを捨て去り、誰もが持っている人間性という重荷から解放されようとしているのではないかという説です。

この説は自罰ゆえのマゾ説と違って実にシンプルで、要は自分をよく見せようという誰にでもある意識を、過激なかたちで捨て去ってしまおうとしているのではないか?というものです。

たとえば全裸で土下座したり、首輪を嵌められたまま性奴隷として過ごすなど、普通の人間であれば恥辱の極みと言える行為です。
しかしマゾはこのようなひどい行為を行うことによって自分を貶め、普段の自分とは違う自分を意識することで興奮しているというわけです。

言わば普通の人間が持っているプライドや世間体から解放されることこそ、マゾがマゾである悦びの究極系なのかもしれません。
自分をただ罰したいのでもなく、痛いことやバカにされることが最初から好きなのではなく、痛みや蔑みを通して自分自身から解放されることに喜びを感じているのかもしれません。

解放

信頼の上に成り立つ心理

こういった説を前提に考えてみると、マゾヒストの行動や、彼ら彼女らに対してのベストな接し方もおのずと理解できます。

あくまでマゾというのは解放を求めているわけですから、SM目的の出会いやSM調教においては容赦をしないことが大切になります。
そして同時に、深い部分では暗黙の了解、信頼関係の構築が必要です。

具体的にはたとえどれだけ激しい責めをしても、それは相手を普段の自分から解き放つためだけにやっている必要があります。
間違っても痛めつけられたらそれだけで気持ちいいとか、本当のバカだからバカにしていいのだと考えてはいけません。

つまるところSM調教とはあくまでプレイであり、平等な立場の人と人が同じ目的のために同意の上で行うものなのです。
この大前提を間違ってしまうと、SMプレイはただのイジメや暴行に変わってしまう場合があるため注意が必要です。

(次回、マゾヒストの心理学③では「奉仕の喜びとマゾ」をお送りします。)

カテゴリ:SM出会い

タグ:

【連載企画】SM出会い的「マゾヒストの心理学」まとめ

SMを成り立たせるサドとマゾの関係は、少なくともSMという言葉が生まれた数百年前から数多の人の間で成立し続けています。
つまりサディストとマゾヒストはどちらもこの世の中に多数存在し、それぞれがこの地球上で自然発生しているということでもあります。

そこでひとつ疑問に思うのは、つまるところ「サドやマゾは一体どういったことが原因で生まれるのだろうか?」ということです。
さらに突き詰めて考えれば、そもそも「サドとマゾはそれぞれどのような心理状態でSMを楽しんでいるのだろうか?」ということも大きな疑問となります。

この疑問については通常、サディスト本人、マゾヒスト本人に聞けば確実な回答が得られるだろうと思われます。
しかし、経験上この質問をしてもほとんどのSM愛好者は「自分でもわからない」とか、「上手く言い表せない」とか、「言葉にすることではない」と回答します。

要はサドとマゾ、それぞれの詳細な心理状態や動機は、多くのSM関係者…驚くべきことにSM調教の当事者までもが…いまだに厳密に解明できているわけではないのです。
知的探求心というものを人並み以上に持っている人であればこの問題、とても興味がそそられることではないでしょうか?

ずばり「サドとマゾは心理学上どのような状態でSMの出会いを楽しんでいるのか?

この疑問についてさまざまな意見を収拾し、私なりの分析をし、今回から隔週複数回に分けてさまざまな説や意見、分析などをまとめていきたいと思います。

自罰

マゾヒストの心理学①「マゾは自罰から生まれるか否か?」

一説ではマゾヒストとは自分自身に対する罰を意識して、SMプレイを楽しんでいるとされています。
なんでもこれは心理学の権威フロイト先生が提唱した考えの一つでもあるようで、多くの人がマゾヒストは「自分は罰せられるべき人間だ」と考えていると分析しているようです。

なるほどたしかに自分は罪深い人間だと考えているなら、マゾが自分で自分を虐めることも納得できますね。

しかしここで一つの疑問が生まれます。
それは本気で自分に罪があるということを自覚しているのであれば、なぜその自罰のためにSMに励むマゾヒストは、「罪を償おうとしない」のでしょう?

いや、「罪を償おうとしている」から自罰的なSM行為をしているのでは?と思われるかもしれません。
しかし本当に自分が罰を受けるべき人間であるなら…それを克服するために自分を罰しているなら…ほとんど一生涯「その罪を償うために生きている」というのはおかしな話です。

なぜなら「罪とは前提として償われなければならないもの」であり、それを認識しているなら、いつまでも「自分を罰している」=「罪を抱えたままの自分」を保つことは、「罪は償うべきもの」という前提と矛盾しているからです。

この矛盾に気づいた時に見えてくるのは隠れたひとつの真理。
つまりマゾヒストはなにも「罪を償うために」、「自分がダメな人間だから罰として」自分をいじめているわけではなく、「自分をいじめることが何より好きだから」自分を虐めているのではないか?ということです。

要は「目的(贖罪)のための手段(罰)」ではなく、「手段(罰)のための目的(贖罪)」になっているというわけです。

なにやら複雑でわかりにくいかもしれませんが、要は「自罰という理由でマゾヒストになっている人は、厳密に言えば実在しない」のではないかということです。
先ほどの目的と手段の話をこの考えで言い直せば、マゾヒストは「罰という目的のために贖罪(=そのための罪)という手段(SM行為)を望んでいる」のではないかということです。

こういった理由でやはり、少なくとも私は、「マゾヒストは自罰的な精神を持っているが故に存在する」という論は「間違い」であると考えます。

(次回、マゾヒストの心理学②では「マゾが抱えるプライドと解放」をお送りします。)

カテゴリ:SM出会い

タグ:

低周波で前立腺を刺激してみよう

電気

男の身体に眠る前立腺という神秘の器官を覚醒させるためには、アナル開発が必要不可欠と言われています。
しかし実はもうひとつの方法として、周波数が小さい微量の電気を身体に流すという方法も存在します。

この方法は俗に低周波前立腺開発と呼ばれており、専用の電気治療器などを用いて行う特殊な前立腺開発の方法です。
具体的には電極を身体に張り付けた状態で電気治療器を稼働させ、身体に悪影響のない状態で電気を流すものであり、人によっては絶大な効果を発揮します。

電気治療器で前立腺開発

電気治療器

通常の身体に張り付けるだけの電気治療器で効果がなかった場合は、PESと呼ばれる海外のアイテムを用いることもできます。
これはアナルに直接電気が走るものを挿入するというかたちで利用するもので、アナル開発がある程度住んでいる男性にはかなり効果があるようです。

PESで前立腺責め

以上のような微弱な電気を身体に流すタイプの前立腺開発は、エネマグラで前立腺を刺激するよりも効果があると言う人が多いです。

しかし、あくまで電気器具を使用するわけですから身体への悪影響にも注意する必要があり、最低限最新の機器を用いて説明書通りの使用をするに留まるのがベストかと思います。
もちろん自己責任であれば自分の身体には電気を流そうとピアス穴を空けようと勝手ではありますが、健康な身体がなければドライオルガズムやメスイキは十分楽しめないということだけは覚えておいてください。

カテゴリ:SM出会い

タグ:

SMボディピアッシングの方法と手入れ

SM調教や身体改造に興味がある人に人気のボディピアッシング。実際やってみたいけど勇気がないとか、そもそもどうやってボディピアスを付ければいいのか?と疑問に思っている人も多そうですね。

今回はそういったSMピアスに対しての疑問に答えるために、実際に自分の身体にピアスを取り付ける方法についてご紹介したいと思います。

病院に行けばOK

実はボディピアスは耳に取り付けるピアスと同じように、病院に行ってお医者さんに施術してもらうことで取り付けることができます。お医者さんが直々に処置を行ってくれるため、消毒やピアスを装着したあとのケアの手順などもすべてフォローしてくれます。

そのため、ボディピアスに興味がある身体改造初心者の方は、ひとまず皮膚科や美容外科などで相談してみると良いでしょう。

自分でも付けられます

ピアッシングという行為は、結局は身体に穴を空けてピアスを装着するだけの行為です。なのでやる気さえあれば自分で自分の身体に穴を空けて、いくらでもピアスを装着することが可能です。

ただ自分でピアスを取り付ける際は、ピアッサーやニードルなどピアス穴を空けるための専用道具を使用しましょう。そうすれば痛みや無駄な怪我をする必要もなくなります。

また、当然のことですが自分ひとりで行う場合はあくまで自己責任と、安全の順守を忘れないでください。

SMボディピアッシング

消毒が一番大事

上述した二つの方法どちらでピアスを取り付けたとしても、取り付けたあとの消毒は必ず丁寧に行ってください。最悪の場合、お金を払って病院でピアッシングをしたにも関わらず、消毒を怠けたせいで上手く穴が空かない上にひどい炎症まで起こる場合があります。

具体的には綿棒やガーゼを使って毎日必ず一度は消毒液をピアス穴に塗りましょう。とてもかんたんな処置なので甘く見てしまいがちですが、これを忘れるだけですべての努力がパーになることさえあるものです。

意外とかんたんなピアッシング

まとめると病院か自力で穴を空けて、あとは消毒を続けるだけ。たったこれだけでピアスなんてものは身体に簡単に取り付けられるものです。

実際に行うとなると痛みや手間がある程度かかるものですが、最終的に自分好みなボディピアスが取り付けられると考えたら挑戦してみる価値はあるでしょう。SMが好きな男も女も、最近は気軽にボディピアスを付けていたりするので、興味があれば一度ピアッシングを検討してみるといいかもしれません。

カテゴリ:SM出会い

タグ:

キャットファイトやSM格闘プレイが好きな人たち

実は日本国内でも安定した人気があるキャットファイト。これが何なのかと言えば、かんたんに言ってしまえば女同士の争いを眺めるプレイです。

最近いろいろな場所で耳にする「マウンティング」と呼ばれる行為によって、小さな優越感のために他の女性に攻撃を加えるような女性同士を争わせるプレイです。特にこの女同士の争いが物理的な側面で行われ、殴り合い、寝技の掛け合いにまで発展すればリアルキャットファイトとなるわけです。

あくまでプレイでも面白い

もちろん本気の女同士の闘いはドロドロしすぎて人気がなく、あくまで女同士の信頼の上でのプレイとして楽しまれていることが多いのが現在のキャットファイトなのです。この女同士の闘いをキャットファイトと呼んで一つの見世物と考える男性はとても多くなっており、実際のところSM専門サイトにはこういったプレイを好む男性が多く存在します。

キャットファイト

さらにこういった男たちはSMプレイとして目の前で女子レスリングのような試合をしてくれる女性二人組との出会いを求めていたりするので面白いものです。実際近頃はオリンピックのレスリングを観た影響で格闘系女子になる女性も多く、さらに同時に男や女と試合をすることに熱心になった女性も多いようです。

格闘系女子を探してみる

キャットファイトや格闘プレイに興味のある男性や、より過激な女同士のプレイを求める男性は一度、SMサイトでの出会い探しを試してみるのも手かもしれません。今はまだキャットファイトの魅力が分からなかったとしても、実際格闘系女子と出会うことでそのプレイの魅力に気づくことも多いのです。

カテゴリ:SM出会い

タグ:

人体改造小説との出会い方

SMに興味のある男女との出会いは、今時SM出会いサイトを使えば難なく可能でしょう。しかし、現実の世界ではなく非現実存在の世界を描くSM小説との出会いはどうでしょうか?

あまり見かけない人体改造小説たち

一応大きめの書店やネットショップを使えばSMを題材にした小説はある程度見つかります。しかし、とりわけ人体改造小説との出会い方に関してはなかなかわからないという人が多そうですね。

実際、私が知る範囲でも人体改造小説といったら芥川賞を取った「蛇にピアス」くらいしか思いつきません。こちらの小説の内容はさすがに芥川賞を受賞するだけあってかなりハードで味わい深い内容なのでおすすめです。

しかしやはりよりアダルトな面でハードな人体改造、身体改造系ノベルを読みたいと願うのが人というもの。そこでご紹介しておきたいのはずばりネット小説です。

蛇にピアス

ネットに出回る身体改造ノベルの世界

さすがに具体的な名前を名指しで挙げるのはアングラを拠点に活動するネット小説家さんたちに失礼な気がするのでやめておきます。しかし実際に人体改造小説はネットで探してみると、セミプロな人たちも意外とブログなどで連載していたりします。

これらマニアックなノベルの中ではボディピアスはもちろんですが、サスペンションと呼ばれるプレイについても描かれていたりします。さらにコアな小説の中では、首絞めプレイや三角木馬などのハードSMプレイも絡めたプレイが描かれていてなかなかに面白いです。

場合によっては同人ショップや小説系SNSで個人的に頒布されていたりもするみたいなので、興味があれば一度そのての世界に触れてみてもいいかもしれません。なんであれ身体改造に関わる小説の世界は文壇と呼べるような権威も市場もまだ確立できていないようですから、今後もっと大きく発展していってほしいなと期待しております。

カテゴリ:SM出会い

タグ:

綿棒をSM調教にフル活用する方法

実はSM調教でガッツリ活用できるアイテムはたくさんあるのですが、その中でも個人的におすすめなのは綿棒です。綿棒と聞くと耳かきに使うもの程度しか考えていない人が多そうですが、実は綿棒はその独特な形状と構造のおかげでかなりディープなSM調教に活用できます。

クリ責めには綿棒を

たとえば綿棒は女性のクリトリスを責めるのにかなり有効活用できます。元からデリケートゾーンに使う道具として優秀な綿棒は、その独特な優しい感触で陰核をじっくり弄っていくのに最適です。

長い時間をかけてまるで手術を施すようにクリトリスを執拗に綿棒で愛撫すれば、愛液で塗れた綿棒がより滑り良くなり、程よい刺激をマンコに与え続けてくれるのです。このようなクンニや手マンと違った一風変わったクリ責めは、セックス慣れしているリア充な女性ほど驚き、感じ狂ってしまうのだから面白いものです。

綿棒調教

拡張プレイにも綿棒を

さらに綿棒は尿道責めやアナル責めといった、男性にもある穴にも有効活用できます。綿棒の先はかんたんに突き刺さったりしないので、その分尿道を傷つけずに拡張したり、直腸を優しく愛撫したり拡げたりするのにとても便利なのです。

ゆえに綿棒は男女間のセックスではもちろん、男性一人で行うオナニーのためにも便利なアイテムと言えるのです。綿棒は今どき100均でもかんたんに大量に手に入るため、いくら使い捨ててもコストがかからない上に手間がかかりません。

なので下手にオナホールやディルドを買うよりも安上がりなオナニーグッズとして使えるので、自称貧乏な学生や社会人にもおすすめです。実は超便利な綿棒は早速今日からでもいろんな相手と出会ってSMプレイに活用してみることをおすすめします。

カテゴリ:SM出会い

タグ:

浣腸とエネマグラを使った安全なアナル拡張とは

日々過激化する最近のハードSM調教を実体験してみたいなら、まずは実際に自分を調教してくれる女王様に出会うことがおすすめです。
しかしそういった出会いの前に自分一人でアナル拡張を試してみたいという人は、まずは一度浣腸とエネマグラを使った安全なアナル拡張の方法を実践してみましょう。

まずは清潔に

アナルプレイを始める前に必須な作業といえば腸内洗浄です。
人によってはすごく難しい作業のように思えてしまう腸内洗浄ですが、実は浣腸液でなくとも大量の水を注入するだけでもかんたんに行えるものです。

シャワー

おすすめは過去の記事でも何度かご紹介しましたが、やはりお風呂場でのシャワー浣腸が手軽で一番便利でしょう。
こういった実用性の高い浣腸方法、洗浄方法を行うのに慣れてしまえば、アナル拡張を面倒に感じる気持ちも少なくなると思います。

アヌスをほぐそう

アナルを拡張するためには当然ながら洗浄のみならず、まずはアヌスの締まりを少し緩めたり、ほぐしたりする必要が出てきます。
これを実践するのは実は意外と時間がかかるものなので、まずは焦らずゆっくり、何日もかけて試していくことをおすすめします。

具体的には指でアヌスをほぐすという方法も便利ですが、一番良いのはエネマグラを利用することです。
すでに多くの一般人にも知られているエネマグラという器具は、良質な製品であれば元は医療器具扱いだっただけあって、安全にアナル拡張を行うのにとても便利です。

指

このエネマグラをアナルにハメた状態でしばらく何もせずただ時間を過ごすだけでも、実はアナル拡張は地道に進行させていくことが可能なのです。
上に書いたような洗浄とほぐしさえじっくりと続けていけば、実はアナル拡張というのはそれほど難しいことではありません。

一度アナルを上手く拡張できてしまえば、あとは実際にアナル調教経験豊富な女王様などにアナルファックされるだけで良かったりするものです。
アナル拡張やアナルセックスに一度挑戦してみたいのであれば、まずは安全なアナル拡張方法と女王様との出会いから実現できるように努めてみましょう。

カテゴリ:SM出会い

タグ: