ハードSM調教でアナル拡張の仕方を学ぶ

アナル拡張に興味はあっても経験どころか知識も勇気もない人って多そうですね。実際アナルファックについて熱く語るくせに、今は女のケツ穴を犯したことしかない人が圧倒的に多いです。

私が思うにアナルセックスというのは女のアナルにハメることと同時に、女にハメられる、逆アナルレイプされることでやっと理解したことになるのです。だからまだアナルオナニーすら未経験で、ただただ普通のセックスやオナニーに明け暮れている人ほど、早急にSMサイトで出会った女王様からハードSM調教を受けてみるべきでしょう。

肛門拡張にSM調教が有用なワケ

なぜアナル拡張のためにSM調教なのかと言えば、それはSM業界においてはアナルを使ったプレイがとてもポピュラーで、調教技術も豊富だからです。たとえばアナル拡張初心者は高い確率でアナニーをする前にエネマグラばかりを使いますが、SM女王様はアナルプラグやペニスバンドを多用します。

エネマグラと違ってアナルプラグは前立腺の刺激には乏しいものの、長時間アヌスを拡張したまま保持して肛門括約筋を馴染ませるのに便利です。さらにペニスバンドは女王様直々にオスマンコを掘って頂くのに必要不可欠であり、既にある程度拡張されたケツマンコの奥に眠る前立腺を強く刺激するのに役立ちます。

SM調教

つまり女王様からさまざまな道具を使ったアナル調教を受け続ければ、一人でアナル開発に励むよりも短い期間で性感帯開発が可能になるわけです。現にアナル拡張の仕方をネット上の講座や初心者向けマニュアルだけで学んだ人よりも、実際に女王様から調教を受けてアナル開発を行った人の方が強い性感と満足感を最終的に得ているのです。

また、初心者が一人で行う不慣れな開発調教は怪我や事故が起こりやすいもので、一度けがをしてしまって開発や拡張をあきらめてしまったという人も多いものです。そういったこともあってアナル拡張の経験豊富な女王様によってじっくり調教を受けることは安全綿への配慮という意味でも大きなメリットがあると言えるわけです。

ハードSM調教でアナル拡張の仕方を学ぶことは、こういった意味で実は一番安全で楽しい方法なので、ぜひともいろんな人に実体験で味わってみてほしいと思います。

カテゴリ:SM出会い

タグ:

男の乳首開発に役立つ乳首ピアス調教

男女共に誰でも性感を味わえるところといえばやはり性器です。
しかし性器を弄るだけで一生性生活に満足できる人というのは実は稀有な存在です。

ほとんどの人は加齢と共に性欲減退して性器も鈍感になり、セックスレスに陥るどころかオナニーすらしなくなります。
男性であればオナニーくらいは続くだろうと思っている場合も多いようですが、実際歳を取ると驚くほど勃起力も低下して元気がなくなるものです。

つまるところ性器至上主義の性生活というのは長く続くものではなく、一生涯性生活を充実させたい人は、必ず一か所は性器以外の特別な性感帯を手に入れるべきなのです。

ペニスやヴァギナ以外で性感を味わうことができる身体の部位といえば、有名どころでアナルがありますが、人によってはここを拡張するのは怖い、汚いと感じる人も居るでしょう。

実際はそれほどアナル拡張は怖くもなければ汚くもないのですが、エイズやモラルなどを気にしてアナルオナニーすら試さない人も多いものです。

ニップルピアス

性器の代わりに目覚めよ乳首

そこでおすすめしたいのは乳首開発です。
乳首は女性であれば生まれつき感度が良くできていますが、男性のほとんどは大して感度も良くなく、同時にそれを責めて感じる身体になるなんて想像もしないでしょう。

しかし実のところ男性の乳首というのは上手く刺激し続ければ肥大乳首に変化していき、さらにピアスを付けるまでに至れば、いわゆるチクニーこと乳首オナニーをするだけでもイク身体を手に入れることができるのです。
たとえば長年ずっと普通のオナニーやセックスしか経験がなかった40代後半の男性が、一人のSM女王様に出会って乳首開発調教を受け、最終的に乳首ピアッシングによってメス化した身体に生まれ変わったという話があります。

通常素人が一人でチクニーをしているだけでは、乳首開発は上手くいかない上にピアスを取り付けるなんて夢のまた夢に感じられます。
ただ性器ピアスや性感開発のためのSM調教について経験豊富な女性から長期間調教を受け続ければ、次第に素人男性でも乳首を女性化したくらいに大きく敏感にすることが可能なのです。

技術と教養の恩恵を受ける

無論個人差はあれども乳首を性感帯として覚醒させ、それを弄るだけでオーガズムを味わえるようにするためには、技術と教養を持った女王様のお世話になるのが一番の近道であると私は確信しています。
性器以外の性感帯を手に入れて、将来必ずやってくる性欲減退の時期を乗り越えるためにも、女王様から受ける乳首ピアス調教は多くの人が一度体験しておくべきことだと言えます。

カテゴリ:SM出会い

タグ:

女性化に便利な女装と開発のテクニック集

男性として生まれてきたからには一生男性の肉体から逃れられないと考えるのは誤りです。実際は上手く開発と調教を繰り返せば、男の身体でも女性化、メス化することは可能です。

もちろん性転換手術をした方がメスイキだって簡単に感じられるだろうという意見はあります。しかし実際自分の身体にメスを入れようとまで覚悟できる人は限られていますし、なによりもっと手軽にメスイキを味わいたいと思うのが自然な感情でしょう。

そこで今回まとめてお教えしておきたいのは、男性が女性化するために便利な女装や開発のテクニックです。最初に結論を言っておけば、牝化であれマゾ化であれ、男性の性感開発にはSM調教と女王様が必要不可欠です。

たとえば女王様が行うアナル開発は長い間定評がありますし、尿道開発というさらにマニアックな調教は一人で行う勇気がある人はなかなか居ません。そういった意味でSM調教と男の性感開発、女性化といった行為は切り離せない事柄だと言えるのです。

今回はこの点を忘れずに、女王様に行ってもらうことで効率的に女性化ができるプレイについて解説していきましょう。

なにより見た目から入りましょう

自分の身体をこれまで実現したことがないようなかたちに造り変えたいのであれば、それ相応にこれまでしたことがないような服装をしたりする必要があります。なので当然女性化調教で必要になってくるのは、より完璧なかたちでの女装です。

ただ女装というものは実際やってみようとなるとまず何をすればいいのかすらよくわからない場合が多いものです。特に普段男として暮らしている間もあまりファッションに気を遣っていないタイプの人は、なおさら女装となるとセンス悪いコーディネートしかできずに萎えてしまうものです。

なので満足度の高い完全女装を実現するためにはまず、実際に普段から女性として暮らしている女王様から手ほどきを受けることが重要になります。しかも女王様によっては男に女装させるための服を一式用意してくれていたり、服装のみならずウィッグやカツラ、メイクのための道具をセットで貸し出してくれたりもするものです。

こういった女王様のサポートなしで男一人で女性化を究めるのは難しいですから、今時は多くの男性が女王様と関係を持っているということをまずは覚えておきましょう。

女装調教

前立腺開発は女王教育必須

見た目を何とか女性化することができたなら、次は実際に身体の中に眠る女性化スイッチを入れる必要があります。そのスイッチとはずばり前立腺であり、ここを上手く刺激できないことにはメスイキもほとんど実現不可能と言ってもいいでしょう。

初心者はよく前立腺ならエネマグラとかアナルプラグをケツ穴に突っ込んでいたら開発できるだろ?などと言いますが、現実はそんなに甘くありません。自分一人では上手くアヌスの位置確認ができないどころか挿入もままならず、しかも挿入できても前立腺に刺激を与えることに四苦八苦し、なんとか刺激できるようにはなった頃には疲れ果て、あきらめの気持ちが出てきて萎えるなんてことがよくあります。

このようにとにかく一人きりで行う前立腺開発は、時間も手間もかかる上に事故や意欲喪失の危険性もあるからおすすめできません。やはり自分が直視できず上手く触ることもできないアナルという部位は、心から信用できて経験豊富な女王様にお任せすることが賢明です。

たとえば女王様が身に着けたペニスバンドでアナルファックを受けると、ほとんどの男性はスムーズに直接前立腺にペニバンの亀頭部分が当たるのを知って衝撃を受けるものです。そして最初のアナル拡張、肛門のほぐし方が上手くできてさえいれば、あとは気が付けばメスイキやトコロテンをしているという場合が多いのです。

ほかにもアナルフィストやディルドを使ったアナル責めによっても何度もメスイキできる人が多いため、やはり女王様の手は借りられるなら必ず借りておきたいところです。

女性化最良のテクニックは出会いから

ここまでに書いたように男性の女性化は女王様との出会いによってのみ効率よく進めることができます。人によっては一人で行うアナルオナニーを継続することでも実現できますが、意外と多くの人たちがセルフアナニーでメス化に失敗していることも知っておくべきです。

これまで異性との出会いすら経験がないのに女王様となんて出会えないと考える人も居るかもしれませんが、あくまで女王と奴隷の関係は特殊であり、出会いもまた特殊であることも知っておきましょう。SMや女性化という特殊なテーマを共有できる男女というのは、普通の男女の恋愛みたいに、出会って付き合うまでに長いプロセスを必要としないものです。

あくまで変態同士の出会いはそれだけ気軽に今すぐ楽しめるものであることを意識して、まずはぜひとも一度、女王様との出会いを実現してみてほしいと思います。

カテゴリ:SM出会い

タグ:

SM目的の出会いなら乳首開発も実現できる

SM業界は調教という行為によって成り立つ業界です。
調教、つまり一方が片方の身体や精神を導く、教育する行為によって成り立っているのです。

ですから当然、SMをテーマにしたコミュニティでは、調教されることを望む人物はすぐに受け入れられます。
たとえば自分のアナルを拡張したいだとか、乳首開発をしたいという男性は、SMサイトでなら女性から開発調教を受けることができるでしょう。

意外とむつかしい乳首開発

一例として私の場合は一年ほど前に、乳首開発調教を女王様から受け、見事にチクニーだけでイクことができるまで身体をメス化させることができました。
多くの男性は乳首開発は自力で成し遂げるみたいですが、実際開発に挑戦してみると、これがなかなか気持ちよくもなくなんの効果も発揮しないことが多いのです。

これが具体的に何故なのかは誰にもわかりませんが、唯一分かるのは一人だけだと性感の開発はかなり難しいということです。

乳首開発調教

そこで助けになるのはやはりSM業界に多い女王様であり、彼女たちは男の性感開発に関しては並みの女よりほぼ確実に上の技量を持っています。
ですから実際私は女王様の指示通りに洗濯バサミで乳首開発を続けられ、指責めや舌責めといった高度な責めによってじっくりと乳首を開発されたのです。

SM調教がやっぱり便利

最終的には感度を高くした乳首にピアスを取り付けられるまでになり、そのピアスを引っ張られるだけでイケるくらいの身体を手に入れられて満足しています。
乳首開発とSMの出会いに関連性を見いだせない人たちがまだ多いかもしれませんが、SM調教によって乳首で味わう快感に目覚める人が多いことはぜひ覚えておいてほしいと思います。

カテゴリ:SM出会い

タグ:

陰茎改造でSMの出会いは増えるのか?

まだ童貞で恋愛がどうとかまったく知らなかった時代というのは、誰しも男なら恥ずかしい思い出のひとつやふたつ持っています。
私の場合であれば筋肉を鍛えれば、身長を高くすれば、スポーツができればモテると思い込み、結果としてむさ苦しい男にモテたという恥の実績があります。

そんな風に男というのは女性経験がない者ほど勘違いで突っ走ってしまうもので、その究極がデカいペニス礼拝こと巨根信仰です。
さらに突き進めれば陰茎改造によってペニスにピアスを取り付けたら、男として株が上がってモテる男になるなどと考えてしまいます。

やはり少ない陰茎改造男たち

もちろんこのような思い込みは間違いで、ペニスピアスだけでイコールモテ男とはなりません。
人によってはチンポピアス最高などと感想を述べる女性も居るでしょうけど、少なくとも今時の男性ファッション雑誌では陰茎ピアスは推されていません。

ボディピアス

そこで気になるのは正直なところ、SMを目的とした出会いでは陰茎改造した男はどの程度モテるのか?ということです。
私の経験上、いわゆる性器ピアスと呼ばれるものを着けている男性は、SM出会いサイトでもなかなか居なかったりします。

同時に彼らがそのおかげでモテているという話は聞かないですから、個人的な趣味とか興味がなければSMの出会いのためにペニスピアッシングをする必要はないでしょう。
しかし、すでにSMサイトで女王様と出会っている男性の中には、自ら進んで性器ピアスを付けている場合があるようです。

愛ゆえに改造する者たち

SM専門の出会いサイトに居るような女王様は経験豊富であるため、完全素人な男性のペニスを、より高感度で感じやすいものに変化させる技術をよく持っているのです。
結果、女王様とお付き合いをする中でSM奴隷としての自分に目覚め、陰茎改造をもって女王様の奴隷として生まれ変わった自分を表現しようとする男が増えるというわけです。

なのでまとめると、陰茎改造によってSMの出会いが増えるのではなく、SMの出会いによって陰茎改造の欲求が沸いてくる、というメカニズムのようです。

すでに知っているかと思いますがペニス改造はピアスを取り付けることで感度を急激に上昇させたり、どんな刺激でもイクほどの快楽が味わえるようになったりするものです。
ですから普通の性生活では得られないような、より強力な性的快楽を求めるすべての男性に、女王様からの調教と陰茎改造はおすすめできるのです。

安定した人気を誇るSM出会いサイトでは常に自分を生まれ変わらせようと考えているマゾ男性やサド男性を募集していますので、興味があればまずは一度実際にSMのための出会いを実体験してみてほしいです。

カテゴリ:SM出会い

タグ:

マゾヒストの心理学③「奉仕の喜びとマゾ」

連載企画「マゾヒストの心理学」も今回で最後。
最後のテーマはずばり奉仕とマゾです。

マゾというのはサドに奉仕をするというイメージがありますね。
このイメージはそもそもマゾの語源となったマゾッホさん自身が女性に奉仕し尽くした人だったこともあって、多くの人が普通に持っている印象だと思います。

が、実はこの奉仕をする精神が実はマゾにはないんじゃないか?と考えている人もいくらか居るようです。
いわくマゾというのはむしろサドから責めという奉仕を受けている存在であって、奉仕とは真逆の存在だというのです。

これについてはたしかに頷ける部分がありますね。
しかしこういった解釈はひとつの解釈に過ぎず、やはりマゾヒストには純粋に奉仕を求めてマゾになる人も居ることを覚えておかなければなりません。

奉仕

マゾが奉仕をしたい理由

あるマゾ男性の場合は女王様にキスするくらいなら靴を舐めたいと考えるそうです。
いわくキスをすると女王様の口が自分の汚い口で汚れてしまうから、それなら汚い口で汚い靴をできるだけ綺麗にしたいと考えるそうです。

こういった例を見ると、マゾの奉仕精神の裏には支配者に対する崇拝の念もあるようですね。
無論崇拝というのは身を粉にした奉仕が必要ですから、結局マゾというのは奉仕のために生きるという心理を持っているようです。

また、マゾの中でもM女の場合は、女性が本来持つ母性本能がマゾ特有の奉仕精神を生むと分析している人も居ます。
自分の好きな人においしい料理を食べさせたいとか、なにかしてあげたいと願うのは女性の脳が本能的に持っている欲求なのだそうです。

ゆえにマゾヒストというのは比較的女性がなりやすいものと考えられる点、なかなか面白い説ですね。

以上のように奉仕とマゾは切っても切れない深い関係があるのは間違いないようです。
これまでに紹介したマゾの心理も巧みに活用して、サドはマゾにより多くの奉仕を、マゾはサドに対してより多くの刺激を求めてみると良いでしょう。

カテゴリ:SM出会い

タグ: