メスイキと女性化は前立腺研究から始まる

いわゆるメスイキと呼ばれる性体験は、オスとしての身体を女性化させることから始まります。
そして、男性の女体化を実現させるやり方としての王道は、なによりも前立腺を知ることから始まるのです。

今回は男をメス化してメスイキ実現するために、その前提として必要な前立腺にまつわる情報をお教えします。

神秘の器官である所以

ずばり前立腺とは何かといえば、実は科学的には明確にこのような働きをしていると言えるほど解明はされていません。
ある程度精液に含まれる成分や、カウパー腺液の分泌に関わっていることは知られていますが、なぜ前立腺がすべての男性の下腹部にほどよい大きさで存在するのかは分かっていません。

もっと言えばこの前立腺を刺激することでなぜ男性が無射精の快楽を得られるのか、全身で味わう性感をこの器官から生み出せるのかもよく分かっていません。
ここまで聞くとなぜ前立腺が神秘の器官と呼ばれるのかがよく分かると思います。正直なところ前立腺はいまだに謎が多すぎる器官なのです。

個性的な器官

ではそのよく分からない前立腺をなぜ多くの人は注目するのかというと、お医者さんの場合はいわゆる前立腺肥大症という病気が起こりやすいから注目しています。
この病気は発症すると尿意が起こりやすくなったり、おしっこしたあとでも残尿感が残ったり、場合によっては少量の失禁を起こしてしまうものです。

お年寄りにはよくあるこういったトイレのトラブルは、常に前立腺に関わる症状が関係するとされています。
さらに男性の射精にも前述通り深く関わるため注目されており、実際ここを刺激すると快楽を得られるという人が多いため注目するお医者さんも多いようです。

前立腺

ただ何より前立腺を病気云々以外で注目しているのはアナルプレイや尿道拡張に興味がある素人男性であり、彼らはどうにかして前立腺をより強く効率よく刺激できるように努力しています。
前立腺はちょうど尿道を囲むように存在し、アナルから異物挿入をした場合、その先の行き止まり付近に存在しています。

ですから素人でも前立腺は努力すれば刺激できるのですが、より強い刺激を継続的に与えるためには、どうしても他人の力を借りざるを得ません。

しかも前立腺はなぜか一度や二度強い刺激を与えても意味はなく、継続的な刺激を的確に何度も与えなければ快楽を発生させてくれないという特徴があります。
それゆえに前立腺というものがどういった性質を持っていてどんな場所に隠されているかを知る者は、必然的に自分とは別の誰かの助力を求めることになるのです。

とにもかくにもパートナー

もちろんエネマグラなどの前立腺を刺激するための専用アイテムは役立たずではありません。
しかしそういったグッズを使う以前に、経験豊富な他人の力を借りて最大限人工物ではなく生の指や手やペニクリなどで前立腺を刺激してもらうことが一番です。

前立腺とはどんなものなのかが少しでも分かったなら、それを上手く刺激できる自分にぴったりのパートナーを探すことから始めてみてほしいと思います。

カテゴリ:SM出会い

タグ:

肥大乳首開発でメスイキを実現するやり方

男性が女性と同じように全身で性感を味わう体験がいわゆるメスイキです。
これを実現するためにはアナル拡張や前立腺の刺激が必要とされていますが、努力と工夫を重ねれば、実はアナルプレイを必要とせずにメスイキが体験できるとされています。

人それぞれの感度の違いはあれども、たとえばニップルピアスを乳首に取り付け、肥大乳首開発調教を受け続ければ、乳首責めを受けたりチクニーを行うだけでメスイキが体験できるのです。
今回はそんなアナルを使わずにメスのようにイクための、肥大乳首開発のやり方、乳首だけでメスイキを味わう方法について解説します。

まずは乳首を敏感に

まず第一に必要なことは、オスの乳首をメスの乳首同様に肥大化させて敏感にすることです。
多くの場合男性にとって乳首は性感帯ではなく、指で触れても大して気持ちよくもなんともありません。

ですからそんな完全に不感症状態になっている乳首を強制的に覚醒させるための実践行動が、乳首開発のためにはまず必要なことなのです。
実際にどのように乳首を開発するのかというと、人気の高い方法ではたとえば、乳首を自分で長時間指で愛撫したり、指で弾いたり、なにか突起物を押し当てたりする行為があります。

こういった乳首調教は自分ひとりでもどこでも行えるので便利ではありますが、正直これだけではなかなか乳首は敏感になりませんし、なにより人によってはこれらの方法ではまったく性感を感じられない場合があります。
そこで試してみるべき方法は二つあり、一つは乳首開発の経験が豊富な女王様から調教を受けるという方法。さらに自分自身でニップルピアスを取り付けるという方法があります。

調教かピアスか

前者の方法はいわば人任せの方法であり、正直なところこの方法が現在乳首を性感帯に変えることに成功した人のほとんどが経験している方法です。
対して後者はかなり思い切った方法であり、元々ボディピアスに慣れている人や、自分自身を一瞬で変貌させたいと考えている人がよく行います。

どちらの方法が良いかは自分の意志や体調と相談して決めれば良いことですが、メスイキという言葉をまだ知ったばかりの人など、かなりの初心者であると自覚している人はひとまず前者の方法をとるのが無難でしょう。
最近ではSM系サイトや女装系サイトなどを使えば、素人男性の乳首開発を手伝ってくれる女王様とは出会いやすくなっているため、上手くそのてのコミュニティを活用するといいでしょう。

ニップルピアス

また、ニップルピアスこと乳首ピアスを取り付ける場合はボディピアスやタトゥーを扱うスタジオや、ピアッシングの施術を行ってくれる医療機関を受診すると良いでしょう。
もちろんピアスを乳首に取り付ける行為はかなりの痛みと衝撃を身体に与えるため覚悟が必要ですが、その分一瞬で強制的に乳首を敏感にさせてしまう可能性もあります。

前述したような方法をとることで乳首はより敏感になり、実際に乳首を弄ることで性感を味わえるようになってくれば、さらにそこから調教を重ねることで乳首だけでメスイキを実現することが可能になるでしょう。
想像以上に乳首だけでメスイキを体験することは実りが長く困難なことだとは思いますが、もしそれが実現できずとも、別でアナルや尿道を使ったメスイキを味わえた暁には、乳首の性感がより過激な性感を味わう助けになることは間違いありません。

敏感な肥大乳首の開発方法は、自分自身の新たな性感を手に入れるためにとても役立つ方法なので、少しでも試してみる気があればまずは実際に試してみることをおすすめします。

カテゴリ:SM出会い

タグ:

ペニスバンドでメスイキ体験をするメリットまとめ

ここ数週間、世間では自分の言葉ではなく他人の言葉を引用するだけの情報を公開しているサイトが批難を浴びていますね。
そんな中で敢えて私は今回、いわゆるまとめと題した記事を書かせて頂きたいと思います。

しかしもちろんこれは誰かの意見だとか専門家の考えを丸写ししたまとめではありません。 今回ここに公開する情報、ペニスバンドでメスイキ体験するメリットまとめは、完全に私の実体験に基づいたオリジナルな情報です。

なので皆さん安心して、ぜひとも貴重な個人の意見として参考にして頂けると嬉しいです。
まずはじめに知っておいてほしいことは、メスイキ体験というのはこのブログですでに再三お伝えしている通り、やろうと思えば一人で行うアナルオナニーだけでも味わえるということです。

ですから本当に対人恐怖症なんだとか、自分の女装姿とかイキ顔を女性であっても見せたくないんだという場合であれば、頑張ってアナニーやチクニーでメスイキ体験することをおすすめします。
しかし、もしあなたが正直女性にバックから犯されて女のようにメスイキしてみたい、などという願望を持っているのであれば、そんな願いをただ夢として放置しておくのは勿体ないことです。

なぜなら最近はメスイキやメスアクメといった体験を望む人々が集まる専用のサイトが多く存在し、そのてのサイトを使って実際に良い出会いを体験している人が多いからです。
要は願って実際に行動すれば、女装初心者やメスイキに関心をもつ人が、自分をメス化させてくれる相手と出会う確率は現在とても高くなっているのです。

ペニスバンド女王様

ですからぜひとも誰かにメスになるということを教わりたいと考えている人は、一度そのてのサイトで実際に出会い探しをスタートしてみることをおすすめします。
ただ、そういった出会いやプレイが今はかんたんでも、べつにその他にメリットがないならいらないんじゃないかと考えている人は少なくないかもしれません。

そこでそんな人たちに教えておきたいのは、いわゆるエネマグラやアナニー用のアイテムを使ったプレイと比較して、女王様にペニスバンドで犯される体験は何十倍も気持ち良いということです。
世の中にはセックスの醍醐味は肌と肌の触れ合いにあるという格言を残す人も居るくらいですから、やはり自慰を行うよりは人と人とが行うセックスで味わう性感の方が気持ちいいのは当たり前です。

特にメスイキを味わうために重要とされている前立腺を刺激するのは、素人男一人ではなかなか難しいと考える人が多いのもまた事実です。

ですからより気持ちのいいメスイキ体験を、予備知識も経験もなしでスムーズに味わいたいのであれば、できればアナル開発や男性の調教に詳しい女王様と出会ってみることが一番良いと言えるのです。
まだメスイキという言葉やメス化調教というものを初めて知ったばかりという人も、まずは百問は一見にしかずということで、実際にそのてのプレイに詳しい女性に出会ってみることをお勧めします。

カテゴリ:SM出会い

タグ:

エネマグラを究めてメスイキを体験する方法とは

あなたが今すぐメスイキしたいのであれば、まずはエネマグラを究めることから始めてください。エネマグラとは男性の前立腺を効果的に刺激するためのアイテムであり、メーカーが違う場合はアネロスとも呼ばれるものです。

これを使えばたとえアナル拡張を体験したことがない人でも、短期間で括約筋の緊張をほぐし、前立腺を効率よく刺激してメスイキを体験することが可能です。現に今時アナニーを楽しんでいる男性の多くは、このエネマグラを使って前立腺がどこにあるのか?刺激したらどんな風になるのか?といったことを身体で覚えてきているのです。

かんたんなエネマグラの使い方

では具体的にどのようにしてエネマグラの使用方法や、メスイキを体験する方法を習得すれば良いのかというと、そのためには実践を繰り返すことが不可欠です。エネマグラはシャワー浣腸などで直腸洗浄を行った後、ローションやワセリンをたっぷりと塗った状態で使えばほぼ問題なく使えます。

女王様

しかし、こういった説明を受けてもワセリンって何だ?と思う人も多いでしょうし、実際やってみても今一つ気持ちよさが分からなかったり、けがをしてしまう人も少なくありません。ですからおすすめとしてはアナル開発の経験を持つ女性や、すでにアナニーを堪能しているニューハーフの先輩方などに助けてもらうことが一番です。

効率を考えれば女王か先輩と

自分だけでは鏡を使ってもなかなか見えないアヌスも、他の人であればかんたんに観察できますし、もちろん責めるのも丁寧にできるものです。エネマグラも一人で操作できるように設計されてはいるものの、その先端を上手く前立腺に当てたり、それを使う前の準備をかんたんに行うためには、やはり誰かの助けがあった方が便利なのです。

ゆえにメスイキやそのためのエネマグラの使用に興味がある男性は、ひとまずエネマグラの使い方に詳しい人との出会いをまずは求めてみてください。そしてその上で、より効率が良く無理のないメスイキを体験する方法を実践していってほしいと思います。

カテゴリ:SM出会い

タグ:

身体改造初心者におすすめの性器ピアス(男性編)

性器ピアスとはその名の通り、ペニスやクリトリスに取り付けるボディピアスのことを指します。
そのため厳密に言えば性器ピアスという時点で初心者向けではないのですが、痛くて危険なのは分かっているけど装着したいという人も居ると思います。

そこで今回から二回に分けて、男女それぞれで覚悟を決めれば初心者でも装着可能な性器ピアスをご紹介したいと思います。
自分の身体には無理だけどパートナーには取り付けてもらいたいと考えている人や、知識として興味があるという人もぜひ参考にしてください。

性器ピアス

ずばり一番無難な性器ピアス

ボディピアスに関してまったく素人な男性でも、プロによる施術であればなんとか取り付けられるだろうと思われるのがピュビック・ピアッシングです。
これは陰茎の根本部分に取り付けるもので、性器ピアスというよりギリギリボディピアスの分類に入れても大丈夫な見た目をしています。

それゆえに見た目のインパクトやこれを入れる意義に疑問を持つ人も居ますが、まだ性器に直接手を加えるよりはマシであると言えるでしょう。
何らかの理由で仕方なく性器ピアスを入れなければならない人や、ひとまず変わったピアッシングを経験しておきたいという人にはおすすめのピアスです。

ピアスが増えれば痛みも増える

実は初心者にギリギリおすすめできる性器ピアスというのは、前述したピュビック以外ありません。
なぜならば後に残った男性向けの性器ピアスは、基本的に施術の際に激痛を伴って当たり前のものばかりだからです。

たとえばフレナム・ピアッシングは陰茎の裏側にピアスを装着する身体改造ですが、見た目に反して痛みは多めです。
なぜ痛みが強いではなく多めと言うのかというと、このピアッシングは通常一つだけ行うことは少ないものだからです。

一例としてフレナム・ラダーは連続して複数のピアスを陰茎の裏側に取り付けるもので、フレナムピアッシングの代表格とされています。
陰茎裏にいくつもピアスが連なっているその様が良いからこそ受け入れられているピアッシングなので、結局フレナムを試すなら多くの痛みに耐えなければならなくなるのです。

やはり最高難度の亀頭ピアス

上述した二種類の性器ピアスが覚悟をすればなんとかギリギリ装着できるだろうものと言えるのに対して、残った性器ピアスはどれも難易度が高いものです。

難易度UP

たとえば男性向けの性器ピアスとして最も有名なものはアパドラビア・ピアッシングですが、これはペニスの亀頭を上下垂直に貫通させるピアッシングです。
また、この縦に垂直にというかたちを変えて左右水平に貫通させるかたちにすればアンパラング・ピアッシングとなります。

このどちらの身体改造も性器ピアスとしてはもっとも難易度が高く、たとえ痛みや事故を覚悟していても、初心者にはまずおすすめできません。
一歩間違えると拷問と解釈もできる施術なので、よっぽどハードSMに慣れている人や、強い信念や組織との関わりがないとまず実行に移せない代物です。

ただこの性器改造は見た目の上ではもっとも美しく、インパクトが大きなものだと評されています。
それゆえ、性器ピアスに強い興味と憧れを感じる人は、いつか必ずやってみたい性器ピアッシングとして覚えておくのが良いでしょう。

身体改造の中でも最大の難関とされる性器ピアスですが、情熱と覚悟さえあれば実現できないことではありません。
いずれにしても性器ピアスの必要性やそれに対する自分の情熱、改造後のアフターケアの準備などを考慮した上で、慎重に実践するか否かを検討してみてほしいと思います。

カテゴリ:SM出会い

タグ: